「80歳を過ぎても徹夜で議論できるワケ」田原総一朗(著)- そこらの若者よりもバイタリティ溢れる田原さんに驚かされる1冊

80歳を過ぎても徹夜で議論できるワケ
The following two tabs change content below.
gorian91
希少難病ブロガー自身の難病から体力的な限界を感じ、時間を自由に活用できるフリーランスの道へ。2016年から法人化。難病当事者の雇われない生き方・働き方を追求しています。

こんにちは、Gorian91(@gorian91)です。

2014年で80歳を迎えた田原総一朗さんの、バイタリティの秘密に迫った本「80歳を過ぎても徹夜で議論できるワケ」を読みました。

タイトルの通り、80歳を過ぎても徹夜で議論できる秘訣について書かれています。この人、そこらの20代よりも元気なんじゃない?

80過ぎでバリバリ仕事をこなし、時には徹夜もする

普通、80歳を過ぎてバリバリ仕事をしたり、徹夜なんてしようと思わないですよね。

でも、田原さんは、バリバリ仕事をこなし、時には徹夜をしているということ。

一体どんな秘密があるんだ?と好奇心が湧いてくるのですが、やっていることはとてもシンプルでした。

  • 好きなことだけをする
  • 体に違和感を感じたらすぐ病院
  • おもいきり恋愛をする
  • 好奇心を持ち続ける

好奇心を持ち続け、好きなことをやる。違和感があったら病院へ。

シンプルですよね。

僕がすごいと思ったのは、「違和感を感じたら病院に行く」ってこと。

80歳でここまで元気だと、普通は「わしは元気だから病院なんて行かん!!」とか言ってそうですが、田原さんは、体に違和感を感じたらすぐに病院にいくそうで。

80歳にしてこの素直さはすごいですよね。

好奇心を失わない秘訣は、常に新しい情報をインプットしつづけること

他にも、好奇心を持つために続けていることとして、毎朝新聞6紙に目を通すと話をされています。

常に新しい情報をインプットし、新聞も複数読むことによって、更に同じ情報を多角的に捉える訓練をしているんですね。

そして、情報を取り入れて、色々な観点から情報を捉えて疑問の種を生み出し、その疑問を解決するために動いていく。

80歳でも好奇心を持ち続けることができているのは、きっと、こうして新しい情報に触れ続けているからなのだと思います。

好きなことだけをすることは絶対に無理だと諦めている方は、そのうち年をとると情報を得ることが億劫となり、そのうち好奇心を失っていくんだろうし、好奇心を失ったら、当然、気力も落ちていき、次第に行動しなくなるんでしょう。

 

元気に長く健康に生きる秘訣は、つまるところ、好奇心と体力なのかもしれません。

好奇心を持ち続け、元気に長生きするためにも、もっと色んなことにチャレンジしたいと思ったのでした。

田原総一朗さんの著書をアマゾンで見る

田原総一朗さんの著書をアマゾンで見る