営業目標の達成をサポート!ブログを書くメリットとオススメの無料ブログサービス

The following two tabs change content below.
gorian91
希少難病ブロガー自身の難病から体力的な限界を感じ、時間を自由に活用できるフリーランスの道へ。2016年から法人化。難病当事者の雇われない生き方・働き方を追求しています。
f:id:gorian91:20150306195059j:plain

働いていると、嫌でも悩ませられるの日々のノルマ。特に、営業をしていると、毎月の受注ノルマを達成しないといけない、そして、受注をしたら、案件の進行管理をしないといけない。どちらかが疎かになろうものなら、すぐさま罵声が飛んでくる。上司とクライアントの板挟みは日常茶飯事、更に、エンジニアの力を必要とする開発プロジェクトであれば、マサカリも容赦なく飛んできます。

そんな方にオススメしたいことは、ブログを書くことです。ブログを書くと、自分自身のアウトプットの訓練になるだけでなく、お客さんとのコミュニケーションのきっかけを作ることができたり、継続することで強力な営業ツールとして活用できたりと、たくさんのメリットがあります。今回は、ブログを書くことによって得られるメリット、そして、読んだ後にすぐ始めることができるように、無料のブログのサービスをご紹介します。 

【目次】

  1. 営業担当者こそブログを始めるべき4つの理由
  2. 顧客とのコミュニケーションのきっかけとなる記事を書こう
  3. アメブロはNG!はてなブログライブドアブログがオススメ

 

営業担当者こそブログを始めるべき4つの理由

f:id:gorian91:20150306191321j:plain

1. 情報感度が高くなり、顧客に有益な情報を提供できるようになる

 ブログを始めると、何か面白いネタはないかな?と、情報に敏感になります。人間には、欲求があり、有益な情報や面白い情報を持っていれば、周りの人に話をしたくなるもの。

この欲を上手く利用して、まずは情報をインプットしてみます。すると、情報をインプットしていくうちに、情報と情報が線でつながり、自分の考えや意見が芽生えてきます。これを文章にしてアウトプットを繰り返すと、情報を積極的に集めることが習慣となり、より良い情報を集めようと、アンテナを張って、情報の感度が高まります。

このように、色々な情報や知識を得ることによって、顧客に有益な情報を提供できるようになります。

 

2. わかりやすく書く訓練を繰り返すことで、営業トークにも活きる

「文章を書く」という作業は、いわば、情報を集めて、整理し、自分の意見を取り入れてまとめる作業です。「何を」「どう伝えるか」を考えて書くことによって、物事を客観的に捉える訓練になります。

これを続けていると、いざ、直接会って話をするときにも、ブログで情報を整理しているので、言葉がどんどんと湧いて出てきて、営業トークにも勢いが出ることもあります。

 

3. 顧客との接点を、効率的に作れる

営業で大切なのは、お客さんといかに接点をつくり、顔を覚えてもらうかということ。ブログであれば、お客さんの会社で作った新商品を、自分が使ってみて感想を書く、あるいは、顧客が必要とするであろう情報を書くことで、簡単に接点を作ることができます。

当然、売りたいものをそのまま紹介をしていても、鬱陶しいと感じてしまいますので、あくまで顧客に喜んでもらうために、どういった内容を書くか、を考えることが必要です。しかし、きっかけをたくさん作ることができれば、今すぐに売れなくても、会話をしやすくなりますし、商品を買ってもらいやすくなります。

 

4. 継続することで強力な名刺となる 

例えば、Web制作の営業担当者がいたとします。Webマーケティングの情報を日々発信しており、いいね数が数百もある記事がたくさんあるブログを運営している営業の方と、飛び込みで来た営業担当者。比較すれば一目瞭然で、前者の方に依頼したくなります。

ブログ単体で問い合わせが来なくても、日々営業する中で、少しずつ紹介しておけば、月間数万PV程度のブログはすぐに作れますし、名刺をばらまく営業をするよりも断然効果のある集客ツールとなります。

このように、ブログを書くと、顧客との接触機会を増やすことができたり、自分自身の信頼を高めることができたり、たくさんのメリットがあります。

 

顧客とのコミュニケーションのきっかけとなる記事を書こう

f:id:gorian91:20150306191441j:plain

では、単なる日記を書いたら良いのかと言われれば、そうではありません。顧客に喜んでもらえるような記事を書かなければ、読まれないですし、逆に信頼を落としてしまう可能性もあります。ではどうするか。それは、「コミュニケーションのきっかけとなる記事」を書くことです。

例えば、Webの受託開発をしている会社の営業担当であれば、Webで集客するためのノウハウを発信しても良いですし、話題のWebサイトの最新事例、あるいは、Webプロモーションの成功事例を紹介するのも良いでしょう。あくまで、「自社の製品を売る」ためのページではなく、「コミュニケーションのきっかけを作る」ツールとして考え、読者を意識した記事を更新することが大切です。

こうした記事を書いていれば、直接会って話をするときに、「ブログをやっていて、最新のWebマーケティングの事例をまとめてみたんですけど、こんな話知ってますか?」と、ゼロから話をして提案するよりも場を作りやすいため、商品を買ってもらいやすくなります。

ちなみに、ここを突き詰めて話をすると、コンテンツ作りの深い所に行ってしまうので、コンテンツマーケティングの詳しい話を知りたい方は、こちらの記事が肉厚で、とてもわかりやすいので、こちらをご覧下さい。

アメブロはNG!ライブドアブログか、はてなブログがオススメ

ブログを始めるには、ワードプレスを使って作る方法と、無料のブログサービスを使って作るという2種類の方法があります。ワードプレスで作ろうとすると、自分でレンタルサーバを借りたり、ドメインを取ったり、初心者だと、結構時間がかかります。途中で挫折してしまっては元も子もないので、今回の記事では、無料のブログサービスをご紹介しようと思います。 

無料のブログサービスはたくさんありますが、オススメなのは、はてなブログと、ライブドアブログです。あと、補足になりますが、アメブロは広告が多くて見づらく、中には拒絶反応を示す方がいるので避けた方が良いでしょう。

 

シンプルなデザインが好みなら、はてなブログ

f:id:gorian91:20150306184001p:plain

シンプルさを追求するなら、断然はてなブログです。このブログでも利用しています。レイアウトは1カラムか2カラムしか選べないので、デザインの自由度は少し低め。

プレビュー画面を見ながら記事を書ける他、記事の予約投稿、検索エンジンの検索結果に表示されるリード文の設定などもできます。SEOにも強く、機能面もかなり充実していてオススメ。なお、ブログは10個まで作ることができるので、テーマ毎にブログを分けて運用するのもアリですね。

 

デザインを自由にカスタマイズしたい方はライブドアブログ

 一方、ライブドアブログ。こちらも操作画面はシンプル。基本的な機能は、はてなブログと大きく変わりませんが、はてなブログとの大きなの違いは、デザインのカスタマイズ性の高さ。

f:id:gorian91:20150306184149p:plain

ライブドアブログだと、1カラム、2カラム、3カラム、ギャラリータイプが選択できます。また、はてなブログは、ナビゲーションの設置をする場合、HTMLとCSSを編集して、自分で作る必要がありますが、ライブドアブログは、最初からナビゲーションボタンのついたテンプレートがあります。法人用のデザインテンプレートもあったりするので、ブログ以外の使い道もできます。

 

はてなブログライブドアブログの操作画面比較

f:id:gorian91:20150306183610p:plain

左側がはてなブログで、右側がライブドアブログの操作画面です。ライブドアブログは、操作画面がカラフルで少しごちゃついた印象があるので、使いやすさという面では、はてなブログに軍配。Webが苦手な方にとっては、はてなブログの方が使いやすいのかもしれません。

 

以上、ブログを運営するメリットとオススメの無料ブログサービスでした。私は、Web担当を経験してから、ブログを書くようになりましたが、今思えば、営業をしていた頃にもっと書いていればなぁ…と、今になって、後悔しています。 

ブログを初めても、最初は何を書いて良いかわからない…と、つまづく方をよく目にします。ですが、最初から面白い記事を書ける人なんているわけもないので、100%完璧な記事でなくとも、とりあえず書いてみることが大切です。

毎日1記事の更新を、1ヶ月続けていれば、書くことが習慣になるので、書くことに抵抗がなります。更に、記事がバズったりして多くの人に読まれると思いのほか嬉しくて、次は何を書こうかな?と、徐々に楽しくなります。

この記事が誰かの目にとまり、ブログを始めるきっかけになれば幸いです。