ダニやハウスダストを撃退!テキスタイルケアグッズでソファを隅々まで掃除してみたよ

The following two tabs change content below.
gorian91
希少難病ブロガー自身の難病から体力的な限界を感じ、時間を自由に活用できるフリーランスの道へ。2016年から法人化。難病当事者の雇われない生き方・働き方を追求しています。

こんにちは、Gorian91(@gorian91)です。

部屋にソファを置いて半年。飲み物をこぼしたりはしていないものの、少し汚れてきたような気がしたので、テキスタイルケアグッズを使って掃除してみました。

ソファは、太ももやお尻などが常に密着しているので、汗による油性の汚れと繊維の隙間の埃がたまりがち。なので、この油性の汚れと埃を取り除くことが、ソファ掃除におけるミッションになります。

使う道具

  • スポンジ
  • 雑巾
  • 毛先が柔らかいブラシ
  • 洗剤(ソファの材質に適したもの)
  • 撥水スプレー(ソファの材質に適したもの)

シミがある場合は、シミ抜きも準備をしましょう。撥水スプレーは、掃除した後に、汚れにくくするために吹きかけるものなので、この辺はお好みで準備して下さい。

ソファ掃除の手順

1. ブラッシングしながら掃除機で埃を取る
2. 固めに絞ったタオルで表面の汚れを取る
3. 油性のシミがある場合は、シミ抜き剤を付けてトントン軽く叩いて落とす
4. 細かい汚れがあれば洗剤を付けてこする
5. 撥水スプレーで全体をコーティング
6. ブラッシングで毛を起こして乾燥させる

作業の流れはこんな感じ。上記は合成繊維や布用なので、レザーなど、ソファの材質によっては、手入れ方法が異なると思いますのでご注意ください。

ちなみに今回掃除するのはこちらのソファ。

ソファ専門店「FLANNEL SOFA」

ソファ

合成繊維でカバーは洗えるようになっていて、取り外せるんですが、洗うと型が崩れてしまいそうで嫌だし、面倒なので今回は拭き掃除だけをすることにしました。

テキスタイルケアグッズ

道具はコレ。ソファを購入した時についてきたやつです。テキスタイルケアと書かれています。中身は、テキスタイル用のクリーナーと、撥水スプレー、雑巾にスポンジが入っていました。パッケージは日本語だけじゃなくって、英語、中国語らしき言葉でも書かれてるので、海外の製品っぽい。

クリーナー 表面 クリーナー 裏面

クリーナーを使って拭き掃除をして、最後に撥水スプレーを振って乾かすという流れ。クリーナーの成分を見ると弱アルカリ性の洗剤と書いています。この225mlで、1人用のソファを10回掃除できる分量とのこと。

ソファ 取り外し

座る部分のクッションを取り外してソファーを分解。まずは細かい毛埃を取り除いていきます。背もたれのちょっとした隙間からゴミが入って、なかなかに汚いです。部屋にはペットを入れないので、動物の毛とかはないんですが、それでも結構汚い。

毛埃

犬とか動物を飼っている方であれば、最低でも月に1回は隙間を掃除しないとハウスダストが溜まってえらいことになりそうですよ。いや、普通は掃除するものなのかなw

ソファ 毛埃除去済

とりあえず、コロコロで細かいゴミを除去。

吹きかけるやつ

ゴミを取ったら、クリーナーをかけていきます。吹きかけても結構すぐに乾くので、汚れている部分は、クリーナーを少しかけては拭いてを繰り返し、少しずつ拭いていくのが綺麗にするコツだそうです。(説明書に書いてた)

シミになってる部分は、付属のスポンジにクリーナーをちょっと含ませて、叩いたり離したりして取っていきます。今回は特にシミとかはなかったのでスポンジは使わず。

半年くらいではそこまで汚れていないですが、お尻があたる座る部分と、背もたれの上部(頭があたるとこ)が、わりかし汚れていました。

使った雑巾は、最初こんな白かったのが、

雑巾 掃除前 雑巾 掃除後

これくらい黒くなりました。これが半年の汚れです。それともソファの色が落ちただけなのかな?グレーの玉っぽくなっているのは、合成繊維がからまったものですが、それを除いても結構汚れているっぽい。最後に撥水剤を全体にかけて1日かけて乾かしておしまい!

分解して全体を拭いても、だいたい20分くらいでした。丁寧にやろうと思えばもっと時間がかかりそう。そこまで汚れはひどくはなかったので短時間で済みましたが、何年も掃除していないとかだと、結構時間がかかるかもw

毎日拭き掃除をする必要はないかと思いますが、最低限、毎日掃除機をかけてブラッシング、隙間の埃を定期的に取るくらいのケアはしておいたほうが良いかもしれませんね。