あの週刊「○○」で有名なディアゴスティーニ社が、一般公募でアイデアを募集中ということで早速応募してみたよ

ブロックのおもちゃ
The following two tabs change content below.
gorian91
希少難病ブロガー自身の難病から体力的な限界を感じ、時間を自由に活用できるフリーランスの道へ。2016年から法人化。難病当事者の雇われない生き方・働き方を追求しています。
ブロックのおもちゃ

週刊○で有名なディアゴスティー二社の企画のアイデアが枯渇ということで、一般公募の企画がスタートして話題になっています。

週刊「○○」アイデアマン募集

ディアゴスティーニのことは、当然知っていましたが、毎週ちょびちょび作っていくってのは、本当に完成させてる人いるのかな?と疑問に思って調べてみたら、結構いるんですね。

デアゴスティーニを最後まで作り上げた人の作品・完成品をご覧あれ!【画像】

というか、こんなクオリティのものが完成するんだ。。

だいたい総額10万〜20万くらいかかるみたいですが、このレベルのものが完成したらものすごい達成感を味わえそうですねw

総額から逆算して考えれば、だいたい1つの企画あたり、10万〜20万くらいの金額で採算が取れるように考えれば良いのでしょうか。

こんな種類があるとは知りませんでしたが、3Dプリンターとかは割と興味があるので欲しかったりしますw

さて、企画の特設ページを見てみると、賞金総額は100万円(複数人受賞の場合は分割)、応募方法は、商品コンセプトを108文字以内にまとめて送るだけ。

そして、1人何件でも応募OKとの記載。知的財産権は譲渡になるものの、アイデアだけで採用されるなら安いもの。これは応募するしかありませんよねー。早速考えて応募してみようと思います。

こちらが企画の動画。かなり手間かけてますね。アイデアが枯渇してて困っているというのは、アイデアを募集するための口実かと思いきや、案外本当にネタ切れなのかも。

しかし、企画趣旨説明の動画にあるアイデアがないとオフィスに入れないってのは本当なのかなw

この企画は、話題になっていて割と認知されて成功しているし、大量のアイデアを100万円で買っていると考えれば、この企画は採算の取れる良い企画だと思います。

ぜひ皆さんもアイデアを応募してみてはいかがでしょう。