気づいたら100記事。ブログを書くようになってから『羞恥心』が薄れてきました

プレゼントを囲むあひるちゃん
The following two tabs change content below.
gorian91
希少難病ブロガー自身の難病から体力的な限界を感じ、時間を自由に活用できるフリーランスの道へ。2016年から法人化。難病当事者の雇われない生き方・働き方を追求しています。
プレゼントを囲むあひるちゃん

気づいたら100記事を超えていました。2014年12月21日、はてなブログからスタートして、5ヶ月と23日。日数でいうと174日で100記事を書いたことになります。おおよそ2日に1記事のペースで更新しています。

かなりマイペースに更新していたんですが、意外と本数を書いてたんだなーとシミジミ感じています。今回は、ブログを半年近く継続してからの変化について書いてみました。

仕事を覚えるために始めたブログ

メモを取る

ちょうどブログを始めたのは、経理・労務の仕事を始めてしばらくしてからの頃。自分の保身を第一に考え、社員を使い捨てるコマのようにしか考えれない代表に嫌気がさしていました。

自分の役割は最低限こなすものの、どうもやる気が出なくて、時間を持て余していたので、仕事で学んだ知識をメモしておこうと思い、ブログをスタートしました。

関連記事:知らないでは済まされない!労働基準法や労働者派遣法など、法律により「常時雇用」の法的解釈が異なるという話

 

読者の反応があるって面白い!

音楽を聞いてノリノリの男性

最初は学びをメモする場所として始めたブログですが、労務や経理の話を書いていたので、すぐにネタ切れを起こしました。素人が数ヶ月で学んだ経理や労務の知識なんてたかがしれてるわけで、知識量でいえば、社労士や税理士には全く及ばないんですよね。

とはいえ、記事を重ねていくごとにアクセスは増えていたので、このまま書かないのはもったいないよなーと思い、徐々に書くネタの範囲を広げていきました。

そうこうしているうちに、いくつかバズる記事も出てきて、読者の反応があるってすんごい面白い!!となり、たいしたお金にはならなくても、継続していれば小遣い稼ぎにはなるかも!と下心満載で継続していきましたw

関連記事:「タスク管理ツールNight」頼む、お前の推しツールを教えてくれ!に登壇してチャットワークについて語りました

 

読者を意識してブログを継続すると、『羞恥心』が薄れる

期待の新星謎の覆面レスラー

ブログを書いていると、マインドに変化が出てくると思うんですけど、一番の大きい変化は、羞恥心ではないでしょうかw

羞恥心が薄れるといっても、別に裸になって露出するとかじゃないんですけど、良い意味で、羞恥心が薄れてきました。

イケダハヤトさんは、ブロガーは芸人のようになっていくみたいなことをおっしゃっていたと思うのですが、まさにその通りで、読者を意識して書けば書くほど、徐々に自分のことを書くようになるんですね。

自分のことを少しずつ書いていくうちに、最終的には、自分が発信したいことに行き着いて、筋ジストロフィーという、これまであまりオープンにしていくようになりました。おそらく、ブログを読んだ一部の知人は、びっくりされてる人も多いと思いますw

自分自身の経験を発信することは、自分の気持ちの整理にもなるし、ライフログ代わりにもなります。また、似た境遇の人たちにとっては、参考になる情報にもなりますし、すごく価値のあるものだと思うんですよね。

なので、以前も書きましたが、難病のある方など、珍しい境遇の人ほど、ブログを書いて情報を発信すべきなんじゃないかなーと思います。

 

生活に変化を求めるようになった

路傍の花

ブログを書いていると、常にネタを探す癖がつきます。で、ブログのネタは、どこから生まれるのかといえば、『筆者の変化』なんですね。

新しい物を食べた、美味しい店を見つけた、こんな体験をした、こんなことをしてみたなど。何か新しい変化、体験をすることが、面白い記事になるんですよね。

なので、時間に余裕が出来てからは、色んなカフェやお店を散策してレビューを書いたり、イベントにも積極的に顔を出すようになりました。そうこうしてるうちに、Yelpに出会って口コミを書きまくるという生活にもつながりますw

ともあれ、仕事をやめてから、南大阪の田舎で、市内に出るのめんどくさい!とか思っていたんですけど、ブログを書いてるおかげで、外に出ようとするエネルギーが湧いてきます。

関連記事:Yelpエリートに認定されたので、これぞYelpと思ったイケてるレビューを紹介するよ

 

失敗をポジティブに捉えるようになった

ポジティブな外国人

あとは、ブログを継続していくことで、失敗をポジティブに捉えることができるようになりました。会社に努めていて仕事で大きい失敗をしたら、上司にミッチリ怒られると思うんですが、一人で活動していれば、迷惑をかけることもないので安心して失敗することができますw

むしろ、失敗体験ほど面白いコンテンツはないので、ブログを書く側からすると、失敗をしたらこれはしめたもの。元々、楽観的な生活で呑気な私ですが、失敗したらブログのネタになる!と、より一層、ポジティブ思考に磨きがかかりました。

これからもどんどんと失敗をしていこうと思いますw

 

ブログが生活の一部になっていたので、あまり意識してこなかったんですが、改めて振り返ってみると、書く前に比べて、かなりマインドが変化していました。ブログを書いていると、ネタを探そうと思って生活に変化を求めるようになり、気が付くと行動を起こしているので、マンネリすることもなくなります。

普段、マイペースでダラダラと時間を過ごしてしまいがちな人ほど、ブログを書くことによって、良い変化が出てくるんじゃないかな。これからもモリモリブログを書いていくぞー。