Tシャツにジーンズというシリコンバレーの企業の真似をして、外見を疎かにしようとする日本企業の風潮がクソ嫌いです

バカンス明けでやや浅黒いコンサルタント
The following two tabs change content below.
gorian91
希少難病ブロガー自身の難病から体力的な限界を感じ、時間を自由に活用できるフリーランスの道へ。2016年から法人化。難病当事者の雇われない生き方・働き方を追求しています。

前々から思ってたんですが、最近の日本の企業って、無駄にカジュアルスタイルを推してません?

シリコンバレー!Tシャツにジーンズ!オフィスカジュアル!イノベーション!とか、なんというか、言葉をうまく使って、考えることを放棄してる企業が多いように見えます。これがめっちゃ気持ち悪いんです。

だからといって、仕事だからスーツを着るべき!とは思わないんですけど、どうもこの風潮が気持ち悪いので、その理由を書いてみました。

スーツを着こなせない言い訳じゃないの?

バカンス明けでやや浅黒いコンサルタント

カジュアルでラフな服装でも、仕事ができる人はできるし、逆に、スーツを着ていても、仕事ができない人もいます。

職種や仕事の内容、あるいは時と場合よって、適切な服装は変わってくるので、一概にどちらが良いとは言い切れないんですけど、カジュアル推奨派の人の中には、

 

『ネクタイを選ぶのが面倒くさいし、よくわからないから嫌だ』

 

って人が一定数いるんですよね。こういう考えの人がクソ嫌いなんですw

『面倒くさい』を理由に、考えること放棄してるだけにしか見えなくて、なんというか、センスがなくてダサいと思うわけです。

 

単にスーツを着こなせないだけなんじゃないの?

 

かのApple社の創始者スティーブジョブズ氏は、ジーンズに黒のタートルネックを着ていて、Facebook社マークザッカーバーグ氏は、Tシャツやパーカーを着ています。

でも、彼らは、一見無頓着に見えても、決断の数を減らしてエネルギー消費を最小限にするために、このような選択をしているわけで、決して何も考えていないわけではないんですよね。なので、面倒臭いを理由に、考えることを避けてるだけの人は、薄っぺらく感じてしまうんですよ。

こういう人に限って、カジュアルスタイルですら、クソダサかったりするw

外見を疎かにしてる感が嫌い

ベンチで寝る浮浪者の足

スーツ嫌いを叫んでる人を見ると、ファッションを疎かにしてる感がちらほら見え隠れするんですよね。

興味関心のあるなしは、仕方がないことだと思うんですけど、世の中のいろんなことに興味関心を持って行動しろ!とか、世の中で言われてるわりに、ファッションに関心を持ってる人が少なすぎる気がします。

もうちょっとスーツを着てあげても良いんじゃない?

Tシャツが自分に似合わないから嫌い

河川敷を歩く男性

そもそも、自分はTシャツがとてつもなく似合わないんです。

Tシャツは、その人の体型がモロに出るので、男性であれば、ガタイの良い人の方が似合います。私は胸板がガラスの板なので、絶望するくらい似合いませんw

オーバーサイズのTシャツに細身のパンツを合わせるコーディネートもありますけど、やっぱり基本は、マッチョ体型で、Tシャツにジーンズをシンプルにってのが一番似合うんですよね。

胸板ドーン!二の腕ムキッ!っていうね。自分が着れないものは嫌いなんだ!

結局スーツを着ようが、私服でカジュアルなスタイルで働こうが自由だと思います。ただ、何ごともそうですが、無関心でいることは少し違うんじゃないかなーと思います。

ちなみに私は、少し童顔で私服だと子供っぽく見えるので、商談をするときは、スーツを着たりします。まぁ、今は、着る機会がほとんどないんですけどw

まとめ

何ごとも、関心を持って、考えてから手を抜こう!

[cc id=3174]