WebサービスをMacアプリとして使うことができる『Fluid』が地味だけど便利すぎる

fluidのダウンロードページ
The following two tabs change content below.
gorian91
希少難病ブロガー自身の難病から体力的な限界を感じ、時間を自由に活用できるフリーランスの道へ。2016年から法人化。難病当事者の雇われない生き方・働き方を追求しています。

毎度、Gorian91(@gorian91)です。

私は仕事ではチャットワークを使っているんですが、気になる記事を発見しました。

チャットワークをMacのアプリとして動かしてみる

Webアプリであるチャットワークを、『Fluid』を使えば、Macアプリとして起動できるというもの。記事にも書いてくださっていますが、Macアプリ化することで、ブラウザで開く必要がなくなって、ショートカットキーが有効に使えるようになるんですね。

便利になるならやるしかないってことで、上記の記事に従って、チャットワークをMacアプリとして実際に動かしてみました。

WebサービスをMacアプリとして動かしてみる

Fluidの公式ページから、ダウンロードします。

fluidのダウンロードページ

ダウンロードしてアプリケーションを実行すると、こんな画面が出てきます。Macアプリとして動かしたいサービスのURLと名前を入力します。

URLの入力画面

こんな感じですね。今回は、チャットワークをMacアプリとして使いたいので、チャットワークを入れてみます。

URL入力後の画面

Creatをクリックするとこれで完了。アプリをDockに追加して準備完了です。

DOC

あとはMacアプリと同じように、開いてみると、通常のログイン画面が出てきました。

チャットワークのログイン画面

登録しているメールアドレスとパスワードを入力すると、こんな感じですね。

チャットワークの操作画面

チャットワーク以外にもいろいろと試してみましたが、なんでも同じようにできました。使うかどうかは別として、ツイッターでやってみるとこんな感じ。ちゃんと鼻水ツイートが表示されています。

ツイッターのプロフィール画面

 

アイコン画像を変えてDockをおしゃれにする

ちなみに、チャットワークはロゴ画像をそのままDockのアイコンにしましたが、画像は自由に設定することができます。

Chatwork > Preferences を選択します。

アプリケーションのアイコン変更方法_01

Application > General を選択します。

アプリケーションのアイコン変更方法_02

Application icon をクリックして、アイコン画像を選択します。

アプリケーションのアイコン変更方法_03

これでアイコン画像をカスタマイズすることができます。これってどういう仕組みなんでしょうね。システムのことはよくわかりませんが、とにかく便利です。

WebサービスをMacアプリとして使うことができれば、ブラウザをタブで切り替える必要がなくなり、ショートカットキーをより効果的に使うことができるので、地味ですが、作業効率はだいぶ変わりそうです。

ぜひみなさんもカスタマイズして使ってみてくださいねー。