「歩きスマホ禁止!」ではなく、「スマホは立ち止まって迷惑のかからない場所で使う!」マナーを認知徹底させて欲しい件

安全第一
The following two tabs change content below.
gorian91
希少難病ブロガー自身の難病から体力的な限界を感じ、時間を自由に活用できるフリーランスの道へ。2016年から法人化。難病当事者の雇われない生き方・働き方を追求しています。

10月30日に、東京の町田駅で歩きスマホが原因で口論となり、線路内に男性が突き落とされる事件が起きました。

歩きスマホに関する苦情や対策を求める声は、2014年に100件発生しており、3年前に比べると10倍に増えているようです。

JR東日本が新宿駅など8つの駅で、歩きながらスマートフォンを使わないように呼びかけている様子がニュースになっていました。

歩きスマホの禁止はわかるけど、駅の乗り換えを調べたり、目的地にたどり着くために、駅でスマホを使う機会はありますよね?

一概に「歩きスマホは危険なのでやめろ!」というと、立ち止まって迷惑をかけずにスマホを使っている人も肩身が狭くなるんじゃないか?と思ったりしました。

せっかくの機会なので、歩きスマホに関しての自分なりの考えを書いてみようと思います。

東京・町田の線路に突き落とされた事件は、モラルの欠如が原因

まずは10月30日に起きた東京・町田駅での事件。

歩きスマホをしていた建設作業員の男性に肩がぶつかり、会社員の男性が去り際に文句を言ったことが原因でトラブルになり、口論の末に線路内へ突き落としたとのこと。

 

ネットでの意見をちらっと見てみると、

スマホを見ながら歩いていた方が悪いだの、駅構内でスマホ使用禁止にしろだの、歩きスマホが迷惑という声がたくさん出ています。

いや、でもこれ、

 

「歩きスマホ関係ないですよね?」

 

肩がぶつかったくらいでトラブルになるなんて、モラルなさすぎでしょ。

歩きスマホは単なるきっかけだし本人たちのモラルの欠如が原因で起きた事件であって、突き落とされた側も、突き落とした側も自業自得。

駅のホームでスマホを使っている人と肩がぶつかって、スマホ使ってる側に文句を言われたら、「死ね」と言いたくなる気持ちはわかるけど、だからといって、線路に突き落としたらイカンでしょう。

殺意の有無に関わらず、突き落とした方が悪い。そして、因縁つけた本人にも過失はある。以上。

歩きスマホも危険だけど、それ以前に、周囲に気を配って歩け!

電話をするサラリーマン

新宿駅で歩きスマホの注意喚起をする様子がニュースに出ていましたが、歩きスマホ以前に、「周囲に気を配って歩いていない人が多すぎる」んですよ。

下を向いて歩く、駅のホームで走る、歩いている途中に突然立ち止まって方向転換する、人の流れを無視して歩く、エスカレーターを急いで降りる、雨の日に傘を降って歩くなど・・・

言いだすときりがありませんが、とにかく注意力が散漫だったり、自己中心的な人が多すぎる。

自分は病気で足腰が弱くて歩くときに多少左右にふらつくため、こういう人がいるとよくぶつかるんです。

歩きスマホは確かに危険ですが、それ以上に、こういう周囲に気を配って歩いていない人も危険だし消えて欲しい。

ぶつかっても、謝られることもなく、不快な顔をされるだけですからね。

「スマホは立ち止まって迷惑のかからない場所で使う」マナーを認知させるべき

安全第一

歩きスマホは危険だし、個人的にはやめて欲しいと思ってます。

でも、全面的に禁止するのではなく、あくまで「スマホは立ち止まって周囲に迷惑をかけない範囲で使う」マナーとして認知させるべきです。

だって、

 

「歩きスマホが禁止になっても、どうせみんな守らないでしょ。」

 

危険という意識を持っていないから歩きスマホをしてるわけで、禁止だといっても減らないんじゃないかな。

むしろ、中途半端に禁止にすることによって、「優先座席での携帯電話使用禁止」みたいに、

 

「駅構内でスマホを使うな!!!」

 

と文句を言い出すモンスターが出現しそうです。

 

駅構内やホームでのスマホだって、歩きスマホを禁止にすれば、駅構内で立ち止まって迷惑をかけずに使っている人も肩身が狭くなる。

急ぎの仕事や緊急事態で電話を使うことだってあるだろうし、電車の乗り換えだって、駅構内の案内板だけではわからなくてスマホを見て調べることだってあるはず。

「危険だから禁止!」とするのは簡単だけど、果たしてそれでみんなハッピーになるかといえば、疑問が残ります。

歩きながらスマホは、歩きながらヘッドホンと同じ

ヘッドホン男子

歩きスマホは、歩きながらヘッドホンと同じやと思うんです。

歩きながらヘッドホンをしていても、周囲の雑音が聞こえるくらいの音量で、危険を察知でき、周囲に迷惑をかけないなら問題ない。

(※ただし、自転車や自動車の運転中は禁止されてる)

でも、仮に迷惑をかけたら謝罪する。それで良いんじゃないでしょうか。

本当に事故の危険があるならば、駅員や周囲の人が止めれば良い。

人通りが多くてぶつかりそうなところではスマホを使わずに、人が少ない場所に行って立ち止まって使用すれば問題ないと思うんですけどね。

なんでもかんでも禁止するだけじゃあ、世の中は良くならないと思った次第です。

まとめ

スマホのユーザーが増えている今、歩きスマホによる問題は今後もどんどん増えていきそうです。

足腰が弱い私からすれば、歩きスマホは危険だし、とても迷惑なので一刻も早く消滅して欲しい。

でも、歩きながらではなくとも、駅でスマホを使う場面はあるので、全面的に禁止されるのはなんか違う気がします。

結局は、ひとりひとりが歩きスマホの危険性を理解して、周囲に気を配るようになるしかないのだと思いました。

世の中がもっと平和になりますように。