「体が不自由になっても、セックスはできる!」進行性筋疾患の当事者に伝えたいちょっと真面目な性の話

The following two tabs change content below.
gorian91
希少難病ブロガー自身の難病から体力的な限界を感じ、時間を自由に活用できるフリーランスの道へ。2016年から法人化。難病当事者の雇われない生き方・働き方を追求しています。

こんにちは、Gorian91(@gorian91)です。

自分で言うのも何だけど、僕は友人に恵まれている。

毎日話をするような、仲の良い友人とは、病気のことを含めて割と何でも話をしてると思う。

心置きなく話ができる友人がいることは、とてもありがたい。

あるとき、数少ない素敵な友人に言われた言葉をふと思い出した。

 

 

 

ペニスは筋肉じゃないから勃起するし、筋ジスでもセックスできるよ!

 

 

 

ありがとう。余計な心配をしてくれてw

 

 

 

筋ジストロフィーの当事者にとって永遠の課題。

それは、「セックスできるのか?」ということ。

モテない人生を歩んできた私は、そもそもそんな機会がなかったし、そんなことを考えたこともありませんでした。

でも、理解してくれるパートナーが現れて、歩けなくなることが間近に迫ってくると、セックスについて考えるようになりました。

今日はちょっと真面目なセックスの話。

筋ジスでもセックスできるのか?

おれはお前を 一番 幸せにはできない、だって俺が一番幸せだから・・

筋ジスでもセックスできるのか?」という問いかけに対する答えは、「NO」であり「YES」でもあります。

肉体的快楽を求める行為をセックスとするなら、筋力が低下すれば、セックスはできなくなります。

でも私は、肉体的な快楽を求める行為は、セックスの中のごく一部であり、精神的な部分こそが一番大事だと思っています。

よって、仮に体を動かす筋力がなくなっても、セックスはできると僕は思う。

筋ジスでも勃起するが、維持力にハンデあり

見たこともない大きさのダンベルを軽々と持ち上げるアスリート

一口に筋ジストロフィーといっても色んな種類がありますが、簡単に説明すると、筋肉が作られにくくなる病気のこと。

【ベッカー型筋ジストロフィー闘病記録:1】筋ジストロフィーの症状と注意すべきこと

でも、ペニスは筋肉ではなく海綿体細胞でできており、血流による膨張で勃起するため、筋ジスによって筋力が低下しても、勃たなくなることはありません。

が、しかし、ペニスの周囲には筋肉があって、ここの筋肉が勃起を支えてくれているため、勃たないわけじゃないけど、ペニス周りの筋力が低下すると、勃起の維持が難しくなります。

やっぱり健康な人に比べると、肉体的なハンデがあります。

最低限、体を支える筋力がないと、物理的に出し入れするのは難しい

バーベルカール

セックスで最後までしようとすれば、それなりの筋力が必要になります。

正常位であれば、上半身を片手で支えれるくらいの筋力は必要だし、バックの体位でやろうとすれば、階段を手すりなしで登れるくらいの足腰の筋力が必要です。

AVで激しい動きをしているのを見かけるけど、あれは完全にプロの仕業。魅せるためのセックスで、AV男優なんて、アスリート級の体力がないとなれないと思うw

私の場合だと、上半身は比較的筋力があるので、片手で上半身を支えるので正常位はできる。でも、足腰の筋力は弱っているので、バックの体勢は維持できない。

仮に正常位でも、最後までしようものなら、数分は息切れで動けなくなるくらい消耗しますからね。

健康な人でも息切れするくらい体力を使うのに、筋力が低下している筋ジストロフィーの人が激しくするのはたぶん無理。

でも、ゆっくりの動きでも最後まですることはできるので、そこまで気にする必要はないでしょう。

相手の負担を考えないと嫌われるよ

フローリングに寝転び読書をする女性

病気が進行して筋力が低下して、体位が限られてきて、自分の力で動くことが困難になり、次第にイケなくなってくると、パートナーのサポートが必要になります。

体の関係になってるくらいなら、パートナーも病気のことを理解してくれているはずなので、サポートしてもらうこと自体は問題ないでしょう。

でも、理解あるパートナーだからこそ、相手のことを考えて、どのようにサポートしてもらうかを、事前にしっかり相談しておきたいところ。

筋ジスで筋力が低下して、体が自由に動かないからといって、女性主導を求めて騎乗位ばっかりお願いしてたらそのうちセックスしてくれなくなりますw

だって、騎乗位は、体力使うし大変だもの。

そんな大変なことを、毎回押し付けてたら、どんなに理解あるパートナーでも嫌になっちゃいます。

入れて動くのが難しければ、手や口でしてもらうのもありだし、手や口でするのが嫌!と言われたら、我らがソフト・オン・デマンドの偉大な発明「TENGA」でシコシコしてもらえ!

 

 

肉体的な快楽を追求するなら、「TENGA」の方がよっぽど気持ち良い。

入れて最後までやりたい!って気持ちはわかるけど、入れることにこだわる必要はないと思うのだ。

お互いが満足できるポイントを探って、無理のない範囲で楽しむことが大事よね。

入れることが全てじゃない。お互いが満足すればセックスになりうる

クローバーの緑の上で寄り添い語りあう恋人

筋ジスでもセックスできるの?という問いかけに対する私の答えは、先に述べた通り。

そして、この記事で私が伝えたいことは、

 

体が不自由になっても、セックスできる

 

ってこと。

 

だって、お互いが満足すれば、挿入しなくてもセックスになりうるから。

 

筋力が低下すれば、激しい動きはできなくなる。そのうち、年を重ねれば、動けなくなって勃起すること自体難しくなる。

でも、体が自由に動けなくなっても、一緒に抱き合って寝ることができる。

相手のぬくもりを直に感じることができるなら、それはセックスと呼べる代物だ。

年を重ねて体が弱ってくるのは、筋ジスだろうが、健康な人だろうが、みんな同じ。

筋ジスの人は、そのスピードが人よりちょっと早いだけ。

 

「セックスは、入れて出すことが全てじゃない。」

 

男は、セックスするなら入れたい、出したいと考えてしまうけど、そればっかりにこだわることはよくないと思った。

幸いなことに、科学技術は進歩してるから、子作りするだけなら人工授精でだってできるし、出し入れする行為自体には、肉体的快楽以外の意味が、実はあんまりなかったりする。

 

 

気持ち良くなりたいなら、「TENGA」を使え!

 

 

「TENGA」を使え!

 

 

大事なことだから、二度言いました。

書いているうちに、何が言いたいのかわからなくなった。

 

そうそう、「筋ジスで体が動かなくなっても、セックスできるよ。」ってこと。

 

筋ジスの人は体が細くて、肉体的な部分でコンプレックスを持っている人が多いと思う。

でも、人より体が弱くて細くても、その気になって探したら、きっと理解してくるパートナーは見つかるよ。

 

あ、そうそう、最近はTENGAも進化しているようで、人肌のぬくもりを感じられる「HOT TENGA」がある模様。

興味がある方はこちらからどうぞ。