「甘えを許さず、できる限りの努力をする」テキサス・レンジャーズ、ダルビッシュ有の野球哲学に垣間見る「責任を持って努力をすることの意義」

迎春賀正
The following two tabs change content below.
gorian91
希少難病ブロガー自身の難病から体力的な限界を感じ、時間を自由に活用できるフリーランスの道へ。2016年から法人化。難病当事者の雇われない生き方・働き方を追求しています。
迎春賀正

 

新年あけましておめでとうございます。

物心ついてから初めて初詣というものに行ってきました、Gorian91です。

おみくじで大吉が出て、新年早々浮かれています。

 

 

それにしても、おみくじに書いてある文章って、どこのライターが考えてるんでしょうね。

大吉だけあって、ものすごく良いことが書かれていました。

龍が天に登るような福運あり。正しい心、人につくす心を持っていれば、望みは総て達せられる。ただし酒色に溺れると大凶となる。

龍が天に登るような福運らしいです。ただし、酒色に溺れると大凶とのことw

とはいえ、酒はたいして飲めないし、色といってもパートナーおるしで特に問題はなさそうだけど。

今年は色々とやりたいことがあるけど、何といっても、株式会社を作ってスタートするので何より仕事を頑張りたい。

なので、おみくじにある仕事の部分に書いてあったことを今年のテーマにしようと思います。

 

今年のテーマ:積極的に行動すべし

 

頭でっかちな自分にとっては、難しいことですが、何かしら行動をしていれば、やる気も出てきて変化が生まれるはずなので、止まらずに歩き続けたいですね。

 

ダルビッシュ有投手のように、甘えを許さず、できる限りの努力をしたい

積極的に行動することをテーマに掲げましたが、もう一つ今年は意識していきたいことは、

 

「甘えを許さず、できる限りの努力をすること」

 

かの一流メジャーリーガー、ダルビッシュ有投手が、とある密着取材でこんなことを語っていました。(違法動画っぽいので興味が有る方は「ダルビッシュ有の徹底した体調管理」で検索!)

ぼくには責任があると思う、どの選手に対しても。

すごく才能があったのに、ケガでダメだった人はざらにいるけど、例えば、生まれて元々障害を持ってて、野球をすっごいやりたいけど、絶対できない人だっているわけですよ。

だから僕は、それに気づいてから、きっとこういうこと(食事や栄養管理)をやるようになってて。

というのも、その人達がもしプレーできたら、こういうことをすると思うんですね。

全部をかけてやると思う。それだけ思いが強いから。

結局やらない人というのは、そこに甘えてたり、自分がすごいと思っちゃうから、そこに甘えが出てくるわけじゃないですか。

だから、そこだけなんじゃないかなと思うんです。

ぼくは、そこが根本にあるので、そこだけはずっと忘れないようにしてるし、だからなるべく一番上にいきたいと野球では思うけども、その分責任を持ってやらなければいけないと思いますね。

彼は、食事や栄養管理について、なぜこんなにストイックにできるのか?という質問に対して、このように語っています。

今この立場にいる自分には責任がある。だからこそ、一番になるために甘えを許さず、できる限りの努力をする。

この言葉を聞いて一気にファンになりました。

自分は病気のことに気づいてから、身体を動かすことに関していえば、人よりも諦めることが多かった。

そのこともあってか、身体能力に恵まれながらスポーツをやらない人や、健康な身体を活かそうとしてない人を見ているとイラッとしていました。

健康な身体なんだったらもっと活かせよ、スポーツやらないなら身体を交換してくれなんて思ったこともあります。

でも、彼のように、今自分にできる全ての努力をして、トッププロの世界で活躍している人がいるのなら諦めがつくし、救われるような気がします。

彼のような人が活躍できる野球界で良かった。

自分の分も頑張って欲しいですね。

メジャーリーガーだろうが、希少難病だろうが、今できる限りの努力をする責任があるんじゃないか

彼とは住んでる場所も立場も全然違うけど、もしかしたら、自分にも彼と同様に責任があるんじゃないかと、ふと思った。

例えば、自分はベッカー型の筋ジストロフィーという病気を持って生まれたけど、27歳で歩ける足が2本もあるし、ゴルフができる腕もある。

でも、ほんのちょっと遺伝子が違うだけで、デュシェンヌ型の筋ジストロフィーに生まれて、20歳までしか生きられない人だっているんよね。

そういう人に比べたら、自分はびっくりするくらい恵まれてる。

 

体力面で多少のハンデはあるけど、まだまだできることがたくさんある。

同じような病気で働きたくても働けない、やりたいことがあってもできない人がいるにも関わらず、できる人がやらないってのは、実はとんでもなく失礼なことなんじゃないかと思った。

五体満足で生まれたのなら、せめて、病気の人でやりたくてもできない人のために、自分が精一杯生きること、それが彼らに対する礼儀なんじゃないか。

今自分ができることをやる、できる限りの努力をする。今年はそんな年にしていきたい。

年末年始にパワプロをしながら、そんなことを考えていました。

そうそう、年明けのイベントを頑張った結果、始めてS1ランク野手が作れましたw

パワプロ

 

金特を2つを取りこぼしたのと、パワーC、走力Cなのが納得いかないけど良しとしよう。

相変わらず投手育成は、デッキ悪すぎて天才の入部届けを使ってもBランクが限度なんですけどねw

ストアメダルを頑張って貯めてSRガチャ券をゲットし、デッキをはやく強化したいと思う今日この頃。

そんなわけで、今年は仕事もやりつつ、希少難病に関して、自分に今できることをやっていこうと思ってます。

既につながりがある方も、これから出会うかもしれない方々も、Gorian91をどうぞよろしくお願い致します。

 

[cc id=3174]