「人は覚悟を決めてぶつかるとき、本気になれるのかもしれない。」難病いつ告白するか問題に対する僕なりの解答。

頭を抱える牛女
The following two tabs change content below.
gorian91
希少難病ブロガー自身の難病から体力的な限界を感じ、時間を自由に活用できるフリーランスの道へ。2016年から法人化。難病当事者の雇われない生き方・働き方を追求しています。

こんにちは、Gorian91(@gorian91)です。

ついにやってきましたバレンタイン。

ちょうど一昨年、年明け直後にフラレて寂しくバレンタインを過ごしたときに比べると、今年はパートナーがいて、無事に楽しく過ごせそうです。

今日はそんなバレンタインに便乗した恋愛ネタ。難病の方が一度は通るであろう「難病いつ告白するか問題」についてです。

病気を理由にフラれるのが怖いよ!

頭を抱える牛女

 

病気を理由にフラれるのが怖い!!

 

難病の方なら一度は感じたことがあるのではないでしょうか。

僕が当事者であるベッカー型の筋ジストロフィーは、筋肉がつきにくい病気です。

幸いにも、外見的な特徴があまりないので、恋愛で損をすることはあまりありません。

でも、女の子を好きになって仲良くなり、いざ付き合うことになると、事情は変わってきます。

お互い距離が近づけばキスもするし、セックスだってすることもあります。セックスとなれば、服を脱ぎますよね。

この病気は、外見的な特徴があまりないと書いたけど、それはあくまで服を着ているときの話。

裸になると、やはり病的に細いので、付き合うとなれば病気のことをきちんと伝えないといけません。

参考までに書いておくと、僕の体重は40キロちょっと。中学校の頃から全くといっていいほど、体重が変わっていないんです。日本人の平均的な体重は60キロ前後だと思うので、どれくらい細いかがわかっていただけると思います。

相手のことが好きだから付き合いたい。

でも先に病気のことを言ってしまえば、病気を理由に断られるかもしれない。

 

どうしよう。

 

って悩みます。

人によっては、全然悩まずに付き合う前に言っちゃう人もいると思いますけど、僕なら死ぬほど悩みます。

だって、それを理由にフラれるかもしれないから。もちろん、そうじゃない理由でフラれることだってあるんですけどねw

とりあえず病気のことを伏せて付き合って、頃合いを見計らって伝えるのか。

付き合う前に病気のことを伝えて、その上で気持ちを伝えるのか。

皆さんが当事者ならどうしますか?

ちなみに、僕は以前、病気のことを伏せて付き合い始めてから頃合いを見計らって気持ちを伝えたところ、

 

一生支えていける自信がない。本当に辛くなった時に逃げ出してしまうかもしれない。

 

と言われたことがあります。

これ言われたときは動揺しました。

今でもあの時のことを思い出すと心臓がバクバクします。

両思いだと思っていた人に受け入れられないという絶望感。できることなら二度と味わいたくありません。

一度、こういう経験をしてからというもの、

 

病気を理由にフラれるのが怖い!!

 

と思うようになりました。

結局その子とは、別の理由で別れてしまいましたが、やはり難病というのは、それだけ覚悟が必要になるんですよね。

でも、病気を告白するのは付き合ってからでも遅くない

これまでの経験を踏まえて僕が出した結論は、「病気を告白するのは付き合ってからでも遅くない」ということ。

なぜ付き合ってから病気を告白すべきなのかというと、付き合う前に告白して受け入れてくれればそれで良いのですが、付き合う前に病気を告白すると、それが原因で振られる可能性が出てくるんですよね。

でも、最初に病気のことを伏せておき、付き合ってから相手に尽くして尽くして尽くしまくって、今よりもっと好きになってもらう。その上で病気を伝えたら、病気を受け入れてくれる可能性が高くなるかもしれない

事後報告ともいえるので、ある意味汚い戦略かもしれませんw

しかも、付き合ってから告白をすると、お互い今より好きになってから伝えることになるので、相手の心を大きく傷つけてしまうかもしれない。

相手にとっては、将来を一緒に歩んでいこうとしていた相手が病気だったら、そりゃあ動揺するでしょう。子供には遺伝するのかとか、僕が歩けなくなったら支えていけるのかとか、色んなことが頭をよぎると思うし、受け入れることができなくて逃げ出してしまう人がいるかもしれない。

じゃあ先に病気のことを伝えるべきなのか?

付き合う前に病気のことを伝えることで、相手の可能性を奪ってしまうこともある

ハートが描かれた砂浜と波

相手のことを考えたら、付き合う前に病気のことを告白することが最善のように見えるけど、先に病気のことを告白することで、これから良い関係を築けるかもしれないという相手の可能性を奪ってしまうこともあるんです。

自分が傷ついたり相手を傷つけてしまうことを恐れて、難病という自分の努力ではどうしようもないことを理由に、ひとつの可能性を放棄してしまうことになりかねない。

もちろん、病気のことを付き合う前に告白して受け入れてくれるのなら、それに越したことはないんですけどね。

病気のことを先に伝えるってことはある意味守りに入るってこと。

まずは付き合ってから相手に精一杯尽くして誠意を見せ、今よりもっと好きになってもらう。それで病気を告白して、ダメならキッパリ別れる。まだそのほうが良いんじゃないかな。

病気のことを隠して付き合って、相手のことをもっと好きになってもらってから伝えて、もしそれでフラレてしまったら、お互い心にどデカイ傷ができてしまうかもしれない。

でも、どんなにどデカイ心の傷も、時間が経てばいつかは治る。傷が治れば次にいける。

人間そんな弱いもんじゃないよ。

自分が傷つくことを恐れ、相手を傷つけてしまうことを恐れて守りに入ってしまうくらいなら、前のめりに突っ込んだ方がまだいいよ。

だから僕は、付き合ってから病気を告白するようにしています。

もし覚悟を決めて病気を受け入れてくれる人が現れたら、僕はきっとその人のことをずっと大事にする。

この先、パートナーにどんなに辛いことがあっても受け入れ、支えてあげることができる。

そんな気がする。

もしかすると、人は覚悟を決めてぶつかるとき、本気になれるのかもね。

皆さんならどうしますか?