ブログやSNSで発生するネガティブコメントは、先回りブロックで「一切相手にしない」がベストな対策。間違いない。

The following two tabs change content below.
gorian91
希少難病ブロガー自身の難病から体力的な限界を感じ、時間を自由に活用できるフリーランスの道へ。2016年から法人化。難病当事者の雇われない生き方・働き方を追求しています。

ブログの運営をサポートさせていただいている方と話をしているときに、ブログやSNSで発生するネガティブなコメントの対処法について話題になりました。

僕のブログはページビューも多くないので、そんなにひどいコメントは沸かないのですが、全くのゼロというわけではなく、過去にひどいコメントが寄せられたので、コメント覧を閉鎖した経緯があります。

ちょうど良い機会なので、僕のネガティブコメントへの対処法をご紹介しようと思います。

ネガティブなコメントは自分の周りを飛び回る「蚊」

僕はネガティブなコメントは、自分の周りを飛び回る「蚊」のようなモノだと思ってます。(蚊が好きな方がいたらごめんなさい。)

近くを飛びまわられると非常に不愉快で、知らないうちに噛まれると痒くなってかきむしりたくなる。

面倒な存在です。

なので、選択肢としては、

  • 寄ってこないように予防する
  • 寄ってきたら撃退する
  • そのまま放置する

の3択になります。

撃退するのは労力がかかりますし、放置するのも不愉快なので、僕は「予防をする」という方法を取っています。

蚊取り線香を焚いときましょう。

コメント覧を閉鎖する

一番わかりやすい予防法はコメント覧を閉鎖することです。

ネガティブコメントを予防するために、まずはコメント覧を閉鎖しましょう。

僕の場合は、これをやっただけでネガティブコメントの9割をシャットアウトできました。

ネガティブコメントにお悩みの方は、まずはこれをやっておきましょう。

敵になりそうな存在や批判的な人を見つけたら即ブロック

僕はTwitterをよく使うのですが、相互フォローでまともな人だと思っていた方に、「バカ」と言われたことがあります。

この「バカ」を見た次の瞬間には、反射的にブロックをしていました。

Gorian91

人間ってまじ怖い・・・

普段はまともなことをつぶやいている方だったので驚きましたが、このときから、「この人ちょっと変だな」と思う人を見つけたら、なるべく先回りしてブロックするようにしています。

なるべく変な人とは関わりたくないんですよね。

変な人と関わって不快な思いをするくらいなら、先回りしてブロックしておいて、なるべく平和に快適に過ごしたい。

僕は平和主義者です。

変な人は一切相手にしないが鉄則!!

変な人やおかしいと感じた人には一切近づかず、何か変な人がいると気づいても、徹底的に無視をして静かに離れることが大事です。

たまに、ブロガーさんで批判してきた人をブログのネタにしている方もいるし、それも一つのやり方ですが、僕は一切相手にしません。

だって時間を使いたくないもの。

それに、ブログが汚れます。

ちょっかいを出してくる人には「無関心」でいよう

人に攻撃をする人や、ちょっかいを出してくる人というのは、相手にすると調子に乗ってまた攻撃をしてきます。

相手にすればするほど、調子に乗ります。

これ、大事なことなんで、繰り返しますが、

相手にすればするほど、調子に乗ります。

中学校の頃に、変な子に絡まれて、反応をしたら調子にのって執拗に付きまとわれてめんどくさかったんですよね。

よって、変な子は相手にしないのがベスト。

3,000万ペリカ賭けてもいいです。

一度相手をすると執拗につきまとわれる

一度相手をすると執拗につきまとわれる

じゃあ、そういう人にはどういう対処をすれば良いかというと、最も効果的な対処法は「関心を持たない」ということです。

ひたすら無関心を貫くことが大事です。

ひたすら無関心を貫くとそのうち去っていきます。

まぁ、中には無関心でいると、逆に執拗につきまとってくる人もいるので、一概に「こうだ!」とはいえないんですけどね。

なるべく、初めから関わらないのがベストです。

「この人怪しいな」と思ったら距離を取る。

自分に危害が加わりそうであれば、予めブロックするなどの対処が必要です。

自分への批判や攻撃も受け止めたいというのなら話は別ですが、ストレスがたまるだけで良いことはないと僕は思います。

コメント覧は嫌なことばかりではない

ネガティブなコメントについて、対処法を書いてきましたが、実際は、コメント覧はあったほうが良いんですよね。

例えば、以前、僕が書いた筋ジストロフィーの体験談をつづったこの記事は、嬉しいコメントがたくさんつきました。

【ベッカー型筋ジストロフィー闘病記録:1】筋ジストロフィーの症状と注意すべきこと

2015.05.03
ブログに寄せられた嬉しいコメント1

ブログに寄せられた嬉しいコメント1

ブログに寄せられた嬉しいコメントその2

ブログに寄せられた嬉しいコメントその2

これ読んで本当にブログ書いてて良かったと思いましたし、勇気づけられました。

自分の書いた文章が、読んでもらいたい人に届きこうしてコメントを送ってくだったんですよね。

コメント覧を閉鎖してからは、わざわざお問い合わせをしてまでメッセージをくれた方もいるんですよ。

全部に返信はできていないのですが、全部目を通させてもらってます。

ありがとうございます。

本当はこういう人のために、コメント覧を残したかったんですけどね。

自分のことを評価してくれる人と付き合いたい

僕はなるべく自分のことを評価してくれている人と付き合いたいと思っています。

ネガティブなコメントをする人を無視するのは不愉快だから、というのもありますが、それ以上に、そういうネガティブなコメントと向き合う時間があるんだったら、自分のことを評価してくれる人のために時間を使いたいです。

そうした方がお互い幸せになれる気がしませんか?

初めから関わらなければ、お互いの時間を無駄にしなくて済むと思うのです。

僕は、ネガティブなコメントがあっても、反応しません。

でも、逆に、ポジティブなコメントや、嬉しいメッセージをくださる方とはもっと関わりたいと思っています。

ブログにも積極的に紹介しますし、SNSでも交流したいと思っています。

そうした方がお互いにとって有意義な時間を過ごせるんですよね。

まとめ

Gorian91

1,000文字くらいでまとめるつもりが、途中から熱が入って長くなりました。

気づいたら2,200文字超え。

アクセスの少ないブログでもネガティブコメントが寄せられるので、有名な人はもっとヒドイんだろうなぁ。

堀江さんしかり、はあちゅうさんしかり、イケダハヤトさんしかり、みんな鋼のメンタルだし、ほんと尊敬します。