JR大阪駅直結・関西最大級の映画館「大阪ステーションシティシネマ」は、車椅子でも快適に過ごせるのか実際に行って調べてみた

The following two tabs change content below.
gorian91
希少難病ブロガー自身の難病から体力的な限界を感じ、時間を自由に活用できるフリーランスの道へ。2016年から法人化。難病当事者の雇われない生き方・働き方を追求しています。

こんにちは、Gorian91(@gorian91)です。

本日は、大阪ステーションシティシネマに来ています。

平日にも関わらずなかなかの人混みで、「みんな仕事してんのかな?」と思ったのですが、よくよく考えてみると今は冬休みの時期でした。

仕事してないのは僕だった。

ブーメラン!

 

Gorian91
ああ、学生の頃に戻りたい。

 

前回やった車椅子の検証企画「Googleマップで表示される目的地までの到着時間は、車椅子の場合、どのくらい誤差があるのか検証してみた」が好評だったので、今回は企画の第二弾として、映画館のバリアフリー状況を調べるためにここへ来ました。

劇場や映画館は意外と段差が多いもの。

僕はまだ軽度の身体障害なので、無理をすれば登れますが、車椅子だとそうはいきません。

一緒に来てくれている方に運んでもらうか、施設のスタッフさんに声をかけて、手伝ってもらわなければなりません。

そういうこともあり、映画館に行くのがめんどくさくて、映画は自宅でDVDしか見ないという身体障害者も多いのではないでしょうか。

でも、普段はDVDで良くても、やっぱり映画館で見たい時もあるだろうし、特に今はクリスマス前で、「車椅子だけど映画館で映画デートしたい!」という方も多いはず!

今回、僕と車椅子の方で、大阪ステーションシティシネマに映画を見に行ってきたので、お出かけの際の参考にしてもらえたらいいなと思います。

それではどうぞ!

参加メンバー

今回も僕ひとりだと車椅子目線のことがわからないので、前回の企画にも参加してくれたぐれいすさん(@megrace_)をお呼びしました。

ぐれいすさんに来てもらいました。

日本に数名と言われる「肢端紅痛症(したんこうつうしょう)」という希少難病の当事者で車椅子を利用しています。

ブログ「ぐれいす@肢端紅痛症を広め隊」を運営しているブロガーさん。

そして、今回、ぐれいすさんのサポートは、僕がすることにしました。

ベッカー型の筋ジストロフィー」で軽度の身体障害ではありますが、梅田は学生の頃から歩き慣れており、駅周辺はフラットであることを知っていたので、ひとりでも大丈夫だろうと判断。

無茶はしない!

今回参加してくれたぐれいすさんは、自力での移動が困難なので、自宅からJR大阪駅まではヘルパーさんに送ってもらって駅で合流して大阪ステーションシティシネマへ。

 

Gorian91
今日はよろしくお願いします!

梅田は久しぶりですか?

 

ぐれいすさん
そうですね、2、3年ぶりくらいです。

彼氏とお別れしたとき以来かもしれないです。

 

Gorian91
早速いらんこと聞いてしまったかもしれん。

 

 

見たい映画をオンラインで予約!しかし・・・

今回、映画を見に来たはいいけど、満席で見れなかったら意味がないので、事前に映画を予約しようと思ったのですが、早速ここで問題が起こりました。

 

車椅子席がネット予約できない!!

 

大阪ステーションシティシネマでは、映画のチケットをネット予約できるようになってるんですが、車椅子席だけはネット予約できなかったんですよね。

下記は大阪ステーションシティシネマのチケット予約の画面なんですけど、車椅子席が予約できなくなっていました。

この席が予約できない

「もう予約埋まってるの?!」と思いつつ、「大阪ステーションシティシネマ」のWebサイトを見てみると、車椅子席については、お問い合わせくださいと書かれていたので、詳細を聞くために問い合わせてみました。

 

映画のチケットを取るためにネット予約の画面に行ったら車椅子席の予約ができなかったのですが、どうすれば良いですか?

 

オペレーターさん
チケットを購入いただければ、こちらで座席を確保させていただきます。

 

Gorian91
えっ、ネットで予約できるんですか?

さっきネットで予約しようと思って座席を選ぼうとしたら、車椅子席のボタンをクリックできませんでした。

あれは予約が埋まってるってことなんですかね?

 

オペレーターさん
チケットを当日購入いただければ、こちらで座席を確保させていただきます。

 

Gorian91
えーと、車椅子席はネットから予約できないということですか?

 

オペレーターさん
そうですね。

当日直接窓口にお越しいただいて購入いただく形になります。

 

Gorian91
ネットで予約ができないということなんですが、当日満席で見れないことはないんですかね?

 

オペレーターさん
ちなみにどの映画でしょうか?

 

Gorian91
ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅です。

 

オペレーターさん
上映開始から既に時間が経っていますし、席が埋まることはないと思います。

 

Gorian91
そうですか、わかりました。

ありがとうございます。

 

どうやら、大阪ステーションシティシネマでは、車椅子席のネット予約ができないようになっているらしく、車椅子席を取りたい場合は、当日に映画館のチケットカウンターに行ってチケットを購入する必要がある様子。

 

Gorian91
当日満席だったらどうなるんだろう・・・別の映画を見ないとアカンのかな。

しかも、当日チケットカウンターに並ばないといけないしめんどくさいなぁ。

 

と思いましたが、オペレーターさんに文句を言っても仕方がないので、最悪別の映画見ればいいかと思って諦めました。

大阪ステーションシティシネマへ到着

当日はチケットが取れるのか不安にながらも映画館に到着。

大阪ステーションシティシネマ

ちなみに、今回は「ファンタスティックビーストと魔法使いの旅」を見ようと思ってたんですが、時間の都合で今回は、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」を見ることにしました。

七月隆文さんの小説「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」が原作の映画。

 

福士蒼汰と小松菜奈が主演のSF恋愛モノ。

そういえば、前回見た映画は「バクマン」だったので、またもやヒロイン役が小松菜奈!

年間5本も映画を見ない私が、もう一度映画館に観に行きたくなった映画「バクマン。」

チケットカウンターでチケットを購入

映画館に「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」のパネルが置いてあったので、記念撮影を済ませてチケットを購入するためにチケットカウンターへ。

チケットカウンターに行ってぱっと思ったのは、カウンターの高さが高くて車椅子の方には不便だということ。

カウンターの高さは1メートルくらいだと思うんですが、車椅子から見るとちょうど頭の高さくらいになっていて、お金を払うのが大変だと感じました。

スタッフさんは、カウンターから身を乗り出して対応してくれてたので、問題ないといえば問題なかったんですけど、さすがにお金を渡すときは難しそうだったので、僕がぐれいすさんからお金を受け取ってスタッフさんに渡しました。

車椅子ユーザーがひとりで購入しようとすると、ちょっと不便に感じてしまうかもしれません。

ちなみに、「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」は、思ったほど人が多くなかったので、無事に予定通りの時間のチケットを購入することができました。

障害者手帳を提示すると、障害者割引で安く映画を見れる

あと、大阪ステーションシティシネマでは、障害者手帳を提示すると障害者割引をしてくれるので、通常よりも安くチケットを購入できます。

割引率は映画館によって異なりますが、ここでは、障害者手帳を持ってる方と同伴者2名まで1,000円でチケット購入できるみたいです。

 

Gorian91
2人で2,000円は安い!

一般の料金は1,800円だから800円引き!

めっちゃお得やん!

 

と思ったんですが、車椅子の方の場合、人によってはヘルパーさん同伴で来ることもあり、その場合は、ヘルパーの利用者が映画の代金2人分(利用者とヘルパーさんの分)を負担することになるので、そう考えると妥当な金額なのかなと思いました。

ちなみに、今回障害者割引でチケットを購入したのですが、実はぐれいすさんが障害者手帳を持ってきてなかったんですよね。

でも、障害者手帳を忘れてしまった旨を伝えると、「今回限りですが、障害者手帳なしでも大丈夫です。」と柔軟に対応してくださって、車椅子席のチケットを購入することができました。

窓口のスタッフさんの対応は慣れている様子で終始丁寧でしたし、好感を持てました。

 

チケットカウンターのお姉さん
入場するときにサポートは必要ですか?

 

Gorian91
はい、できればお願いしたいです。

 

チケットカウンターのお姉さん
かしこまりました。

上映開始の10分前から入場できますので、入り口のスタッフにお声かけいただければ、サポートさせていただきます。

 

Gorian91
ありがとうございます!

 

チケット販売のカウンターが高いというハード面での不便さはあったものの、スタッフさんが気持ちよく対応してくださったので、嫌な思いは全くしませんでした。

車椅子用の多目的トイレの場所を把握しておこう

入場時間になるまで時間があったので、お手洗いと時間調整のために少し移動。

大阪ステーションシティシネマのある11階には、車椅子用の多目的トイレがないので、映画を見る前のお手洗いは、エレベーターで移動する必要があります。

2016/12/24日追記:

多目的トイレがないと書きましたが、見落としていただけで、大阪ステーションシティシネマのある11階に多目的トイレが2箇所設置されていました。

大阪ステーションシティの場合は、下記の場所に多目的トイレがあるので事前にメモをするか、覚えておきましょう。

大阪ステーションシティの多目的トイレ設置場所

  • 大阪駅 ・・・ 1F・3F
  • エキマルシェ大阪
  • ルクア ・・・ 5F・10F
  • ルクア イーレ ・・・ B2F・B1F・2F〜10F
  • ノースゲートビルディング ・・・ 11F(サポートプラザ内)
  • 大丸梅田店 ・・・ 3F・9F・12F・14F
  • ホテルグランヴィア大阪 ・・・ 1F・19F・20F
  • サウスゲートビルディング ・・・ 15F・16F
  • 梅三小路

お身体の不自由なお客様へ – 大阪ステーションシティより引用

また、大阪ステーションシティのWebサイトでは、「ひとにやさしい OSAKA STATION CITYガイドマップ」があるのでこれをスマホで見れるようにしておくと何かと便利ですよ。

エレベーターはタイミングによってはめちゃめちゃ混むので、車椅子で来る場合は、20分くらいは余裕を持って行動しておくとちょうど良さそうです。

優先エレベーターはありますが、混みすぎてて乗れないこともあります

いざ、劇場内へ!

お手洗いを済ませて飲み物を購入して、いざ入場。

チケット確認の場所にいたスタッフさんに声をかけると、サポートのために男性スタッフが1人ついてきてくれました。

劇場の入り口までは僕が車椅子を押したところで、スロープを発見。比較的緩やかなスロープだったんですが、自分が押したら危ないと思い途中でスタッフさんにバトンタッチ。

特に何の問題もなく劇場へ入ることができました。

車椅子席には座席がない?!

車椅子席へ行ってみると、車椅子席と書かれていた場所には座席が設置されておらず、柵が設置してあって車椅子の看板が書いてあり、スペースが空いていました。

どうやら、車椅子から降りれない方の場合は、そのスペースで車椅子に乗りながら映画を見ることができるようです。

劇場内のため写真は撮影しておりません。

また、車椅子を空いたスペースに置いて、別の席で見ることもできるみたいですね。

今回は車椅子を空いてるスペースにおいて、その横の席に座って映画を見ました。

座席の場所はスクリーン正面の中央よりちょっと前くらいでかなりの特等席で快適でした。

 

男性スタッフさん
劇場から出るときはサポートは必要ですか?

 

Gorian91
はい、お願いしたいです。

 

男性スタッフさん
かしこまりました。

では、上映後、劇場を出るときに、またサポートをさせていただきますね。

 

最後まで対応は丁寧でした。

これなら安心して映画を見ることができますね。

上映後にスタッフさんに声をかけてみた

上映後には、スタッフさんが来てくれて、サポートをしてくださいました。

スロープから降りる時は当然のように、「危ないので後ろから降りますね。」と声をかけてくださっていて、車椅子の扱いに慣れている様子でした。

むしろ僕がサポートするよりも安全に無事に劇場を出ることができました。

あまりに対応がスムーズだったので、声をかけて話を聞いてみることに。

 

Gorian91
サポートをありがとうございました!

すごい対応に慣れてはりましたけど、スタッフの皆さんは、車椅子の方のサポート方法について研修を受けてるんですか?

 

男性スタッフさん
はい、受けてますよ。

他のスタッフはわかりませんが、僕はヘルパーの資格を持っているので研修を受けました。

 

Gorian91
へー、すごい!

どうりで慣れてはると思いました!

車椅子の方はよくいらっしゃるんですか?

 

男性スタッフさん
そうですね、お見えになることは多いですよ。

必要に応じてサポートさせていただいています。

 

なんと偶然にも、対応してくださった若い男性スタッフさんは、ヘルパーの資格を持った方でした。

映画館のスタッフ全員が研修を受けているのかどうかはわかりませんが、スタッフさんの中にはしっかり対応できる方も少なからずいらっしゃる様子。

チケット売り場のお姉さんの対応もそうですけど、劇場に入るときのサポート、出るときのスタッフさんのサポート、どれをとっても素晴らしく安心して利用することができました。

これまで僕は映画館は段差があって、身体障害者にとっては嫌な場所というイメージがあったんですが、スタッフさんの対応を知ってからはそういう印象がなくなりました。

また面白そうな映画があったら来たいなぁ。

あ、ちなみに「ぼくは明日、昨日のきみとデートする」はめっちゃ良かったです。

詳しくはまた別でレビュー記事を書きますが、どれくらい良かったのかを言っておくと、ぐれいすさんが感動して号泣するレベルでしたw

映画を見た後は、ちょうど大阪ステーションシティで「Twilight Fantasy(トワイライトファンタジー)」というイルミネーションをやっていたので、チラッと覗きにいって撮影。

Twilight Fantasy(トワイライトファンタジー)のイルミネーション

最後は大阪ステーションシティのLUCUA DINING(ルクアダイニング)でご飯を食べて、ぐれいすさんをヘルパーさんの元に送り届けてミッションコンプリート!

まとめ

映画館に来る前は、車椅子席のチケット予約ができないことに始まり、多目的トイレも同じ階にないしで不安だらけでした。

でも、実際に行ってみたら、スタッフさんの対応は丁寧だし、多少不便だと思うことはあっても、快適に過ごすことができました。

 

Gorian91
想像していたよりも、対応が良くて安心!

 

ただ、快適に過ごすためには、いくつか事前に知っておいた方が良いこともあるのでポイントをまとめました。

大阪ステーションシティシネマで映画を見るときの注意点

  • ネットでは車椅子席のネット予約ができない
  • 当日満席の場合、目的の映画を見れない可能性がある
  • チケットを障害者割引で購入するには障害者手帳が必要
  • 当日チケットを購入するので時間にゆとりを持っておく必要がある
  • 多目的トイレが近くにないので映画の途中でトイレに行けない

特に、多目的トイレが映画館のシアターの階にないので、映画を見る前は水分を控えめにしておいた方が良さそうです。

お手洗いに行こうと思ったら、エレベーターに乗って下の階に移動しないとダメですし20分くらいはかかりますからね。

あとは、チケットのネット予約ができないので当日チケットカウンターに行く必要がありますから、時間に多少のゆとりを持って行動したほうが良いくらいでしょうか。

その辺さえ注意しておけば、車椅子でも快適に映画を楽しむことができますよ!

映画館の周辺はご飯を食べるお店もたくさんありますし、移動をする場合でも大阪駅周辺はフラットな場所が多いので、お出かけする場所としても最適です。

クリスマスまで残すところあと3日。

車椅子に乗っている皆様につきましては、ぜひ、気になるあの人をデートに誘って、映画を見に行って欲しいなと思います。

それでは、良いクリスマスをお過ごしください!