駅のバリアフリー経路に迷ったら「らくらくおでかけネット」で検索しよう

The following two tabs change content below.
gorian91
希少難病ブロガー自身の難病から体力的な限界を感じ、時間を自由に活用できるフリーランスの道へ。2016年から法人化。難病当事者の雇われない生き方・働き方を追求しています。

こんにちは、Gorian91(@gorian91)です。

足腰が弱ってくると、階段での登り降りが大変なので、エレベーターやエスカレーターを探すのですが、駅によっては、ごく一部にしか設置されていない場所もあって、知らない駅に行くときはよく迷ってしまいます。

また、車いすに乗っている方だと、駅の電車乗り換えで移動経路がわからなくて、エレベーターを探すのに時間がかかったり、余計な時間を取られてしまう方も多いはず。

そんなときにおすすめなのが交通機関のバリアフリー情報検索サイト「らくらくおでかけネット」です。

らくらくおでかけネットとは?

らくらくおでかけネット

らくらくおでかけネットは、国土交通省および、公益財団法人交通エコロジー・モビリティ財団が提供している駅やターミナルのバリアフリー情報、バリアフリー経路情報提供サイトのこと。

鉄道駅、空港ターミナル、バスターミナル、旅客船ターミナルなどのバリアフリー情報を調べることができます。

主にこのような情報を確認できるようになっています。

  • 駅構内のトイレの情報
  • 車いすでの移動情報
  • 駅の構内図

全国の情報を網羅しているので、交通機関のバリアフリー情報を知りたい方は、このサイトを使うと便利です。

僕も行ったことのない駅を利用する場合は、このサイトで事前に調べるようにしています。

らくらくおでかけネットの使い方

らくらくおでかけネットの使い方ですが、まずは、「らくらくおでかけネット」のWebサイトへアクセスします。

駅・ターミナル情報を検索する

駅・ターミナルの情報を調べる場合は、らくらくおでかけネットのトップページ左上にあるフォームから検索します。

画面左上のフォームから検索

特定の駅のバリアフリー情報を調べる場合は、一番上に「駅名」を入れて検索、駅から駅までのバリアフリー経路を調べる場合は、「出発地」と「目的地」を入れて検索をします。

大阪駅で検索してみると、こうなりました。

大阪駅のバリアフリー情報

経路を検索するとこんな感じで情報が出てきます。

天王寺駅から大阪

画面右上の「車いすでの利用情報」という部分に車いすのアイコンが表示されているんですが、これは、車いすで移動をするときに、どの程度の障害があるかを示しており、3段階で区分けがされています。

車いすの利用情報は三段階で示されている

こういった情報があれば、ある程度、車いすで行けそうかどうかの予測がつくので、安心して利用することができます。

空港、バス、旅客船ターミナルを探す

空港、バス、旅客船ターミナルを検索する場合は、トップページのこの部分をクリックします。

空港、バス、旅客船ターミナル検索

すると、こんな感じでエリアごとに検索できるので、目的の場所をクリックすればOKです。

エリアごとに検索できる

ただ、バスターミナルに関しては、情報が少ないのでちょっと使い物にならないかも。

どちらかというと、駅の乗り換えで使うのがおすすめですね。

まとめ

車いすでの駅の乗り換えは、思っている以上に時間がかかるし、ストレスが多いもの。

らくらくおでかけネットのような、交通機関のバリアフリー情報検索サイトを使えば、多少はストレスを軽減できるはずです。

便利なサービスなので、まだ使ったことのない人はぜひ使ってみてくださいね。