【レビュー】13インチ型MacBook Airから12インチ型MacBookに変えた結果

The following two tabs change content below.
gorian91
希少難病ブロガー自身の難病から体力的な限界を感じ、時間を自由に活用できるフリーランスの道へ。2016年から法人化。難病当事者の雇われない生き方・働き方を追求しています。

こんにちは、Gorian91(@gorian91)です。

先週、MacBook Airにお茶をこぼして壊れるという悲劇に見舞われたため、急遽、MacBookを購入しました。

買い替えに乗り気ではなかったんですが、いざ買い替えて使ってみたら、MacBook Airよりもコンパクトで持ち運びも楽だし、ディスプレイは綺麗だしで良いことづくめでした。

買ってから1週間ほど使ってみたので、感想をまとめました。

MacBook Airよりも圧倒的に軽い!

今回購入したのは、MacBookのシルバー。

MacBook (Retina, 12-inch, Early 2016)

実はスペースグレイが欲しかったんですが、在庫がなかったのと急ぎだったのでシルバーを購入。

前回使っていたのは13インチのMacBook Airだったので一回り小さくなりました。

大きさを比較すると一目瞭然。

MacBookとMacBook Airの大きさ比較

サイズと重量を数値で比較してみても、やっぱり全然違いますね。

MacBook Air (13-inch)

サイズと重量

  • 高さ:0.3〜1.7 cm
  • 幅:32.5 cm
  • 奥行き:22.7 cm
  • 重量:1.35 kg

MacBook (Retina, 12-inch)

サイズと重量

  • 高さ:0.35〜1.31 cm
  • 幅:28.05 cm
  • 奥行き:19.65 cm
  • 重量:0.92 kg

重さにいたっては400g以上違います。

ここまで重さが違うと、持ったときにの感覚が全く別物なんですよね。

普段パソコンを持ち運ぶ身としては非常にありがたい。

実は、MacBookを買うかMacBook Proを買うか直前まで悩んでいたんですが、最終的な決めてとなったのはこの重量でした。

足腰が弱い僕は外出時の荷物は極力軽くしたいので、この軽さは魅力的!

外部ポートは「USB-C」と「3.5mmヘッドフォンジャック」のみ

あと、MacBook Airとの大きな違いは外部ポートです。

外部ポートは「USB-C」と「3.5mmヘッドフォンジャック」のみ

外部ポートは「USB-C」と「3.5mmヘッドフォンジャック」のみ

Macbookには、外部ポートとして「USB-C」と「3.5mmヘッドフォンジャック」しかついていません。

最初これは抵抗があったんですけど、使ってみたら不便ではありませんでした。

どういう作業をするかにもよりますけど、僕の場合は外部機器を接続する機会が少ないので、むしろなくて良い。

無駄なものがなくてスッキリ!

それにしても薄すぎる・・・。

1週間使ってみた感想

1週間使ってみた感想としては、

  • コンパクトなので狭い場所でも作業が可能
  • とにかく軽いのでリュックに入れて持ち運ぶのが楽
  • キーボードがカチカチしないので静かに打てる
  • 動画編集などヘビーな作業をすると動作がもたつく
  • ブログ、写真編集、資料作成くらいなら動作はサクサク動く
  • ほぼ1日使い続けても充電がきれないので外出時も安心

総合的に言うと、以前使っていた13インチ型のMacBook Airよりも快適でした。

以前よりも画面が小さいとストレスが溜まるかと思っていたんですが全く問題ありませんでした。

外観は圧倒的に綺麗だし、何よりコンパクトで軽くて持ち運びがめっちゃ楽。

外出して作業をする人にはかなり良いマシン!

動画編集などヘビーな作業には不向き

ただ、ブログを書いたり、写真を編集したり、資料を作成したり、軽い作業をするくらいなら快適なんですが、動画編集などヘビーな作業をすると動作がもたつきます。

持ち運びすることを前提としてるマシンなので当たり前といえば当たり前ですが、「外出先でもガツガツ作業したい!」という方には不向きですね。

そういう人はMacBook Proの15インチを買った方が幸せになれます。

僕もMacBookはあくまで外出用で自宅での作業のときは別のパソコンを使ってますからね。

まとめ

お茶をこぼして急遽買い替えたマシンでしたが、「ちょうど5年目だしそろそろ買い換えようかな・・・」と検討していたところだったのでちょうど良かったです。

これだけ快適ならもっと早めに買い換えれば良かった・・・。