マイ水筒で飲物代を節約!タイガー ステンレスミニボトル「MMZ-A601」が軽くて持ち運びにも便利。

The following two tabs change content below.
gorian91
希少難病ブロガー 自身の難病から体力的な限界を感じ、時間を自由に活用できるフリーランスの道へ。2016年から法人化。難病当事者の雇われない生き方・働き方を追求しています。

こんにちは、ショウゴ(@gorian91)です。

最近、自分のお金の使い方に無駄が多いと気づいて色々と節約を試みているのですが、中でも結構な出費になっていたのが「飲物代」です。

お昼ごはんを買うときに、一緒に飲み物を買ったりしていたのですが、これが地味に大きな出費になっていました。

500mlのペットボトル飲料は大体150円。仮に1ヶ月毎日買っていれば、それだけで4,500円かかります。

飲み物代で1ヶ月に4,500円はもったいないので、無駄を減らすためにマイ水筒を購入しました。

タイガー ステンレスミニボトル「MMZ-A601」

今回僕が購入したのは、タイガー ステンレスミニボトル MMZ-A601です。

僕が外出するときは、大体長時間になることが多いので、1日外にいても大丈夫なように、容量は少し大きめの600ml。

大きさ的にはティッシュの箱よりちょっと高さがあるくらいなので、そこそこ大きいです。

でも、重さは230gなので、大きさの割にはかなり軽い印象。飲み物を入れても830gで1kg以下。

荷物はなるべく少なく軽くしたいので、軽量設計になっているのはとてもありがたいですね。

フタを外してすぐ飲めるマグタイプだから、構造がシンプルで手入れしやすい

水筒は毎日使うものだから、一番気になるのは手入れがしやすいかどうか。

いくらカッコよくてオシャレでも、中の構造が複雑で洗いにくいとかは避けておきたい。

でも、このタイガー ステンレスミニボトル MMZ-A601は、マグタイプのシンプルな構造になっているので、手入れしやすいです。

飲み口はこんな感じ。

なめらかで飲みやすいし、飲み口が広くなっているので、夏に冷たい飲み物を作るときに、大きめの氷とかも問題なく入れられそうな感じ。

あと、中の金属部分はなめらかで光沢のある「スーパークリーンPlus」という加工がされているそうで、汚れやニオイがつきにくいそうな。

そして、こちらがフタの部分。

ゴムの部分は取り外し可能で丸洗いができるようになっているので、衛生面も安心です。

構造がシンプルで手入れが楽なので、お子さんが何人もいらっしゃる方は、お子さん用に買うのも良いかもしれないですね。

まとめ

毎朝水筒にお茶を入れて持ち歩くだけで節約ができるので、マイ水筒を持ってないよって方なら買って損はないですね。

1ヶ月4,500円でも1年だと54,000円の節約になりますから。

さすがに毎日ペットボトル飲料を買ってる人はいないだろうけどw

ちなみに今回僕がご紹介したのは600mlのタイプのものですが、500ml、350ml、200mlなど容量別のものがあるみたいですよ。

個人的には500mlくらいのやつが容量的にも大きさ的にもちょうど良いのかなと思います。