画像をハイライト加工するMacアプリ「Light Up」がブログ運営者必携ツールな件

@gorian91)です。 ブログやWebサイトを運営していると、画像をアプリで加工することがよくありますが、「画像の一部を明るくして強調したい!」という時はありませんか? そんなときは、「Light Up」というMacアプリを使うと、画像全体にシャドウをかけて暗くし、強調したい部分にハイライト加工を行うことができます。 何かと使う機会のある便利なアプリなので使い方をご紹介!

「Light Up」の使い方

まずは、Macアプリ「Light Up」をダウンロードしてインストールします。
Light Up
Light Up (360円)
(2016.12.13時点)
posted with ポチレバ

加工したい画像を開く

インストールが完了したらアプリを起動。 ショートカットキーで「⌘+O」もしくは、画面上部の「File>Open」をクリックして加工したい画像を選択します。 [caption id="attachment_142" align="alignnone" width="720"] File>Openから加工する画像を選択[/caption] ファイルを選択して開きます。 [caption id="attachment_143" align="alignnone" width="720"] 加工したい画像を選択して「Open」をクリック[/caption]

画像をハイライト加工する

ハイライト加工をするアプリなので、ファイルを開くと、画像全体が暗くなった状態になっています。 [caption id="attachment_151" align="alignnone" width="720"] ファイルを開くと画像がシャドウのかかった状態になっています[/caption] こちらが加工前の元データです。 [caption id="attachment_152" align="alignnone" width="720"] こちらが画像加工の元データ[/caption] 実際にハイライト加工をやってみます。 編集画面はめちゃめちゃシンプルなので操作は簡単。 [caption id="attachment_145" align="alignnone" width="720"] ハイライトの形の選択と、背景の明るさ調節ができます[/caption] 背景の明るさを調節して、ハイライトの形を選択し、ハイライト加工したい部分でドラッグをするだけ。 ハイライトの形は3種類。 [aside type="boader"]
  • Rectangie:長方形
  • Rounded:角丸長方形
  • Oval:円形
[/aside] 正方形、角丸正方形、正円を作る場合は、「Shift+ドラッグ」で作れます。 試しに加工してみます。 [caption id="attachment_153" align="alignnone" width="720"] 長方形と角丸長方形[/caption] [caption id="attachment_154" align="alignnone" width="720"] 円形[/caption] 明るさ調整も簡単で、暗くしたり [caption id="attachment_147" align="alignnone" width="720"] 暗くする[/caption] 明るくしたりもできます。 [caption id="attachment_146" align="alignnone" width="720"] 明るくする[/caption] こんな感じですね。 あとはお好みに応じて加工するだけです。 加工が終わったら、ショートカットキー「⌘+S」でファイル名を入力して保存すればOK。 この記事を書くときにも「Light Up」を使って画像を加工してますが、何かを解説するときとかにも使えるんですよね。 もっと早くから使っておけば良かったと後悔するレベルです。

まとめ

有料アプリではありますが、ブログをやっていると、何かと使う機会のあるアプリなので、入れておいて損はないでしょう。 お値段も360円(2016年12月12日時点)ですしお買い得です。 「使ったことないよ!」って方はぜひダウンロードして使ってみて下さいね。]]>

活動にご賛同いただけるスポンサー様を募集しています

当ブログでは、運営者であるショウゴが行なっている活動に協賛いただける企業・団体、個人のスポンサー様を募集しています。

私は現在、大阪でWebの仕事をしながら「難病であってもやりたいことをなるべく諦めなくて良い社会」の実現を目指して活動を行っており、難病カフェ大阪の運営や難病や障害理解を促すコンテンツの作成などを行なっています。

世間の関心も少しずつ集まっており、メディアへの露出も続いているため、宣伝効果も見込めます。興味がある方はぜひご検討ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA