Macでゲーム実況を始めるために必要な機材まとめ

The following two tabs change content below.
gorian91
白井祥剛(しらいしょうご)1988年生まれ大阪府在住。難病でも仕事をして収入を得ながら社会にも貢献し、やりたいこともしっかりやる。そんな生き方を体現するべく日々活動しています。

こんにちは、Gorian91(@gorian91)です。

最近、スプラトゥーン2にハマっているのですが、スプラトゥーン2が楽しくてハマりすぎてゲーム実況を始めました。

しゃべるのも得意じゃないし、スプラトゥーン2もそんなに上手くないけど、やってるうちに上手くなると思うので、興味がある人は生暖かい目で見てもらえると嬉しいです。

ゲーム実況って動画を作成するために色々と機材が必要なんだろうと勝手に思っていたのですが、案外そうでもなくて、ある機械さえあれば、簡単にできてしまいます。

今回は、Macでゲーム実況をするために必要な機材をご紹介したいと思います。

ゲーム実況をするために必要な機材

ゲーム実況をするために必要な機材といっても、必要なものは案外少なくて、

  • ゲームキャプチャー
  • ゲーミングヘッドセット
  • 録画・編集用のパソコン

の3つがあればできます。

今回はこの3つをご紹介していきます。

ゲームキャプチャー「LiveGamerPortable2(AVT-C878)」

ゲームの録画にまず必要なのが、「ゲームキャプチャー」というゲームを録画する機器です。

ゲームキャプチャーとゲーム機本体を接続することで、ゲームのプレー動画が録画できるようになります。

Amazonだと2万円くらいで買えます。

思ったほど高くなくて安心。ちなみに、僕が買ったのはこちら。

これ1台あれば、HDMI出力可能なゲーム機、デバイスのゲーム動画を録画・ライブ配信することができます。

PlayStation4 、Nintendo Switch、Xbox One、 Wii Uなどの家庭用ゲーム機、iPhone、iPadで使えるので、最近のゲーム機であれば、大体対応してますね。

ちなみに、Windows、Macの両方のOSに対応しているので、Macでも使えます。

単体録画モードとPC録画モードというのがあって、単体録画モードを使えば、microSDカードを差し込むことでPCがなくてもゲーム実況を録画することができるのですが、僕の場合は単体録画モードが使えなかったので、PC録画モードで撮影をしています。

いずれにしても、ゲーム実況をする場合は、録画した後に動画編集をする必要があるので、PCはあったほうが良いです。

ゲーミングヘッドセット

次に、必要なのは、ゲーミングヘッドセットです。

録画音声にこだわりたい方は購入しましょう。

ヘッドホンとマイクが一体になったこういうやつです。

安いものだと1万円以内で買えますが、高価なものだと数万円します。

そこまで音声にこだわらないという方は、iPhoneを買ったときについているイヤホンでもできます。

音質はともかく最初はそれで代用するのもアリ。

こだわるとそれなりにお金がかかるので、本格的にやりだしてから買い揃えて行くのが良いのかなと思います。

録画・編集用のPCは「Mac mini (Mid 2011)」以上のものを利用する

最後に録画・編集用のPCですが、Macでゲームを録画する場合は、「Mac mini (Mid 2011)」以上の処理能力のあるPCを使いましょう。

実は最初、Macbookで録画をしてみようと思ったのですが、動画の処理が追いつかず、録画してみると動画がカクカクしてしまったんですよね。

そこで作業用に使っていた「Mac mini(Mid 2011)」を使ってみたらいけました。

そもそもMacbookはガッツリ動画編集をするほどパワーはないので「そりゃそうか」という感じですが。

なので、Macでゲーム実況をやる場合は、MacbookProかもしくはMac miniあたりが良いのかなと思います。

まとめ

今回は、MacでNintendo Switchのゲーム実況を録画するために必要な機材をまとめました。

初期費用はそれなりにかかりますが、ゲームキャプチャーは1台あれば、色んなゲームで使えますし、それなりに再生回数が伸びれば回収できなくない金額なので、悪くない投資だと思います。

ゲーム実況をやってみたい、これからやってみようかなと考えている方は参考にしてみてください。

「筋ジスですが何か?」のYouTubeチャンネルができました!

こんにちは、「筋ジスですが何か?」のショウゴです。大阪でWebの仕事をしながらブログを書いたりしています。

最近は写真や文章だけではお伝えすることが難しいと感じることが多くなり、YouTubeで動画投稿を始めました。

YouTubeでは、「難病でも暮らしを快適に」をコンセプトに、日々の暮らしを快適にするモノやコトをご紹介します。

興味のある方は、ぜひチャンネル登録をよろしくお願いします。