WordPressプラグイン『Arconix Shortcodes』を使って,投稿した記事内に段組みを作る方法

wordpress-logo-notext-rgb

ワードプレスで記事を書いていると、何かの手順を解説する記事で、段組みを作りたいって時ありませんか?でも、段組みを作ろうと思ってソースを書こうとすると、結構手間がかかります。

そんな時に便利なプラグインが『Arconix Shortcodes』です。ショートコードを設置するだけで、文章の段組みを作ったりできるというスグレモノ。今回はその使い方をご紹介します。

プラグインをインストール

ダッシュボード>プラグイン>新規追加>検索>Arconix Shortcodes  まずはプラグインを検索してインストールします。

Arconix Shortcodes

こやつですね。評価は星4.5と好評価。インストールして有効化すると、記事の投稿画面右下に『Arconix Shortcode List』が表示されます。ここに書いてあるListが使えるショートコードの一覧です。

ショートコード一覧

ここのショートコードを記事内に埋め込むことによって、記事内でいろんな装飾ができます。各コードでどのような装飾ができるのかは、Listの中にある『Documentation』にサンプルコードも含めて書かれているのでそちらをご覧ください。なお、WordPressのバージョンによって、一部使えないショートコードもある模様。

2段組みを作ってみる

今回は2段組みを作ってみようと思います。こういうやつです。

段組みが簡単に作れます

ここに文章が入ります。ここに文章が入ります。ここに文章が入ります。ここに文章が入ります。ここに文章が入ります。ここに文章が入ります。ここに文章が入ります。ここに文章が入ります。ここに文章が入ります。ここに文章が入ります。

段組みが簡単に作れます

ここに文章が入ります。ここに文章が入ります。ここに文章が入ります。ここに文章が入ります。ここに文章が入ります。ここに文章が入ります。ここに文章が入ります。ここに文章が入ります。ここに文章が入ります。ここに文章が入ります。

今回は2段組みなので、『one-half』のショートコードを使います。マニュアルに書かれている通りに、HTMLに直接記述していきます。ソースコードが上手く表示されなかったので画像にしちゃいましたが、コンテンツをショートコードで挟むだけ。こんな感じ。

ショートコードサンプル

もちろん、テキストだけじゃなくって、画像も配置することができます。慣れるまでは少しばかり時間がかかるかもしれませんが、ゼロからソースを書くよりは全然楽だと思います。これで作業は完了です。

ブログ記事ではあまり使わないかもしれないんですけど、何かの作業手順を書いたりしたいときに、段組みを使うときれいにレイアウトを作れるのでおすすめです。機会があればぜひ使ってみてくださいね。

 

 

[wc_box color=”info” text_align=”left”]

Twitterでフォローしよう!

[/wc_box]

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]
記事が気に入ったらいいね!で情報GET!

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

[/wc_column][/wc_row]

 

「note」で有料記事を配信してます

[wc_box color=”secondary” text_align=”left”]

もしも私が、筋ジストロフィーじゃなかったら、女たらしでどうしようもない、ろくでなしのクソ野郎なっていたかもしれない

[/wc_box]

難病当事者インタビュー実施中!

当ブログでは、難病の当事者インタビュー「あなたの病気、発信してみませんか?」を実施しています。ご自身の経験を当ブログで発信してみませんか?

企画の詳細はコチラ