MarsEditで書いた記事をWordPressの下書きに送信する方法

@gorian91)です。 Mac用のブログエディタ「MarsEdit」では記事書いてWordPressに送信すると、そのまま記事が公開されるように設定されています。 ですが、MarsEditの編集画面からは、投稿記事のアイキャッチ画像の設定などができないので、一旦、WordPressへ下書きとして送信して編集する必要があります。 今回は、MarsEditで書いた記事をWordPressの下書きに送信する方法をご紹介します。

MarsEditで書いた記事をWordPressの下書きに送信する方法

「MarsEdit」をダウンロード、インストールし、ブログを登録してある状態を前提に解説していきます。 まずは、登録してあるブログの中から設定したいブログをひとつ選択して、「Blog」>「Edit Settings」をクリック。 [caption id="" align="alignnone" width="720"]「Blog」>「Edit Settings」を選択します。 「Blog」>「Edit Settings」を選択します。[/caption] すると編集画面が出て来るので、「Post Editor Defaults」>「Post Status」をクリックします。 初期設定では、「Published」となっています。 [caption id="" align="alignnone" width="350"]「Post Editor Defaults」>「Post Status」を選択します。 「Post Editor Defaults」>「Post Status」を選択します。[/caption] これは、MarsEditで書いた記事をWordPressに送信すると送信したその時点で記事が公開される設定です。 なので、この項目を「Published」から「Draft」に変更します。 [colwrap][col2] [caption id="" align="alignnone" width="350"]「Published」から「Draft」に変更します。 「Published」から「Draft」に変更します。[/caption] [/col2][col2] [caption id="" align="alignnone" width="350"]これで「Draft」に変更されました。 これで「Draft」に変更されました。[/caption] [/col2] [/colwrap] 最後に設定画面の下部にあるOKをクリックすれば設定は完了です。 設定完了後に、MarsEditで記事を書いて送信すると、WordPressに下書きとして送信されます。

複数ブログを登録している場合は不具合が出ることも

ひとつ注意点としては、MarsEditで複数のブログを登録しており、なおかつ、ブログごとに「Post Editor Defaults」の設定を変えている場合は、設定が適切に反映されない場合があります。 例えば、
  • ブログA:「Post Editor Defaults」を「Published」
  • ブログB:「Post Editor Defaults」を「Draft」
と設定していた場合、ブログBでは「Draft」と設定しているのに、WordPressに記事を送信するとそのまま公開されてしまうことがあります。 この場合は、登録している全てのブログを「Draft」に設定する必要があるので注意しましょう。 必ずしも起きるとは限りませんが、僕の環境では不具合が起きたので、設定を行ったあとは、本当に設定が反映されているかどうか確認することをおすすめします。]]>

「筋ジスですが何か?」のYouTubeチャンネルができました!

こんにちは、「筋ジスですが何か?」のショウゴです。大阪でWebの仕事をしながらブログを書いたりしています。

最近は写真や文章だけではお伝えすることが難しいと感じることが多くなり、YouTubeで動画投稿を始めました。

YouTubeでは、「難病でも暮らしを快適に」をコンセプトに、日々の暮らしを快適にするモノやコトをご紹介します。

興味のある方は、ぜひチャンネル登録をよろしくお願いします。