Nico(ニコ)トイレマットを購入。毛足が短く消臭・撥水加工がされておりお手入れしやすい便利アイテム。

こんにちは、ショウゴ(@gorian91)です。

事務所にも人が来るようになってきたので、部屋の汚いところはなるべく掃除をしておきたい。

特に水回りは常にキレイに保っておきたいもの。

ひとりのときはズボラになりがちですが、人が来ることも増えてきそうなので、お手洗い周りの道具も変えておこうと思いトイレマットを新しく購入しました。

Nico(ニコ)のトイレマットで消臭加工、撥水加工の施されたものです。

Nico(ニコ)トイレマット

今回購入したのはNico(ニコ)のトイレマット。

以前は兄が住んでいるときに使っていた毛足の長いマットを使っていましたが、毛足が長いと小さいホコリがゴミが中に入り込んで掃除をするときに面倒でした。

なので、今回は毛足が短いものを選択しました。

撥水加工、アンモニア消臭加工が施されていて、裏側には滑り止め防止がついているので掃除をするときにも便利です。

商品の情報
  • サイズ: (横幅)55センチ×(奥行き)60センチ×(厚み)0.4センチ
  • 重量:174g
  • 材質:表面/ポリエステル、裏面/アクリル樹脂
  • 仕様:裏面吸着加工、床に置いたときにズレない
  • 洗濯:洗濯機洗い可(乾燥機は不可)
  • その他:老朽化した無垢材を使用した床、表面が傷んでいる床や老朽化した床には使用しないでください。

厚みは0.4センチとちょっと薄めなのが気になりますが、使っているうちに何度も洗うものですしまぁ良いかなと。

ネイビーブルー、ブラック、ベージュ、ミントグリーン、ライトグレー、ローズの6色展開で、今回はネイビーブルーを購入しました。

お値段も2,000円弱でお手頃です。

ネイビーとは書いてますが、鮮やかな青寄りのネイビーですね。

濃い色がお好きな方はブラックとかの方が良いかも。

毛足は短いので、間にゴミが挟まったりすることもなさそうです。

撥水加工なので水滴が落ちたら拭き掃除ができますし、毛足が短いのでコロコロとかでゴミを取ったりもできます。

あと裏面には滑り止めの加工がされているので、掃除機を上からかけたとしても、マットがズレたりする心配がありません。

実際にトイレマットを設置しましたが、しっかり吸着するのでズレる心配がなく安心です。

トイレマットをお手洗いに設置

実際に事務所のお手洗いに設置してみました。

Before

こちらがトイレマットがない状態。

After

こちらがトイレマットを設置した状態です。

若干トイレの便座の形にあっていませんでしたが、細かいところは気にしない。

もしこの微妙な隙間が気になる方はマットを切ってしまうのもありです。

マットの厚みが0.4センチと薄い素材なので、ハサミでカットすることもできますからね。

何枚か買ってこまめに洗えるようにしておくと良いかも

実際に使ってみて厚みが薄いのが少し気になりましたが、掃除などの手入れがしやすく汚れてしまいがちなお手洗いを清潔に保つことができるのかなと思います。

耐久力はあまりなさそうですが、お手頃な値段ですし、2、3枚買っておいてこまめに洗って使うのが良いのかなと思います。

興味がある方はチェックしてみてください。

今回紹介したアイテム