タンパク質が不足してると感じたらプロテインで補給を!「ザバス ホエイプロテイン100 ココア味」がネスレのミロみたいで美味しくておすすめ!

プロテイン01

こんにちは、Gorian91(@gorian91)です。

最近、筋力の低下がひどくなってきたので、筋力を維持するために、色々な策を講じています。

その中のひとつが食生活の改善。自分の食生活を振り返ってみると、一日に必要なカロリー数を大きく下回っていることに気づきました。

食事量が足りてなければ、筋肉もつきませんよね。

最低でも、筋肉の元となるタンパク質だけは必要量を取ろうと思い、プロテインを飲み始めたので、飲み方や飲んでみた感想、その味などをご紹介しようと思います。

ザバス ホエイプロテイン100 ココア味【18食分】

筋トレをよくしていた兄におすすめを聞いて、今回は「ザバス ホエイプロテイン100 ココア味【18食分】 378g」を購入。

水に溶かして飲んでも美味しいと書かれていますが、水よりも牛乳に溶かして飲んだ方が美味しいらしいので、牛乳に入れて飲んでみようと思います。

プロテイン01 プロテイン02

中を開けてみると、ちょっと色が白いココアパウダーのような感じ。200ml〜300mlの牛乳に、付属のスプーンでプロテインを3杯(21g)を入れて混ぜます。

飲む量の目安は、1日2回(約42g)、運動後、就寝1時間前、朝食時、いずれかのタイミングで飲むと良いらしい。

混ざりにくいので、専用のシェイカーを使って振りまくる

飲む時の注意点としては、粉が混ざりにくいのでしっかり混ぜる必要があるということ。

しっかり混ざっていないと粉がダマになって飲んだ時に気持ち悪いので、専用のシェーカーに入れて振るとしっかり混ざります。

というか、シェイカーがないとまじで混ざりません。これをプロテインと一緒に買っておきましょう。

[amazonjs asin=”B0070SUW30″ locale=”JP” title=”ザバスプロテインシェーカー (500ml)”]

スプーン3杯を牛乳の中に放り込みます。付属のスプーンはかなり大きいですが、これを満タンで3杯入れます。

プロテイン03

ぱっと見、山盛りで多すぎやろ!と思ってしまいますが、そんなに味は濃くないので、これくらい入れても甘ったるくないので大丈夫です。

甘い味が苦手な方は牛乳を多めに入れておきましょう。

プロテイン04

あとはフタをしてひたすら振るだけです。

プロテイン05

飲んでみると、味はまるでネスレのミロみたいな感じです。

[amazonjs asin=”B00EC3YDKO” locale=”JP” title=”ネスレ ミロ オリジナル 240g×2個”]

僕は好きな味だったのですが、少しクセがあるので好き嫌いはあるかも。ただ、不味くないので、無理せず飲み続けることができそうです。

スポーツドリンクのようなサッパリ味もあるよ

ココア味以外にも、色んな味のプロテインが出ているようで、牛乳に合いそうなものだと「チョコレート風味」「バニラ風味」などがあります。

[amazonjs asin=”B00IEA4UK4″ locale=”JP” title=”ザバス ホエイプロテイン100 バニラ味【50食分】 1,050g”]

水に溶かすと美味しいスポーツドリンクタイプの「アセロラ風味」「グレープフルーツ風味」などもあります。

粉っぽさが苦手な方は、スポーツドリンクタイプを選んだ方が良いかもしれません。

[amazonjs asin=”B00IEA4OSW” locale=”JP” title=”ザバス アクアホエイプロテイン100 グレープフルーツ風味【40食分】 840g”]

買ったからには、毎日飲もうと考えている方は、1つの味だけだと飽きてくるので、いくつか購入しておいて、その時の気分に応じて好きなものを飲むのが良いかと。

飲み始めて1週間の体の変化

プロテインを飲むようになって1週間。

これから先、少なくとも数ヶ月は続けてみないとわかりませんが、体重は少しずつ増えているし、ほんの少しだけ歩くのが楽になったような気がします。

実際、大した違いはないのかもしれないけれど、多少病気の進行がマシになるのなら、飲んでみる価値はあるはず。

引き続き、飲み続けてみて、体の変化を記録していこうと思います。

活動にご賛同いただけるスポンサー様を募集しています

当ブログでは、運営者であるショウゴが行なっている活動に協賛いただける企業・団体、個人のスポンサー様を募集しています。

私は現在、大阪でWebの仕事をしながら「難病であってもやりたいことをなるべく諦めなくて良い社会」の実現を目指して活動を行っており、難病カフェ大阪の運営や難病や障害理解を促すコンテンツの作成などを行なっています。

世間の関心も少しずつ集まっており、メディアへの露出も続いているため、宣伝効果も見込めます。興味がある方はぜひご検討ください。