「残酷な現実」を「綺麗な言葉」で誤魔化して10歳の子供の可能性を奪おうとする自称エッセイストを僕は許さない

ブチネコ激おこ

毎度、Gorian91です。

昨日、ツイッターであることに対して怒っておりました。

ことの発端となったのはこの記事。

「筋ジストロフィーで断念!」て何?

何で残念賞みたいに書いてるの?

この記事、タイトルからしてひどいんですが、内容を読んでみると更にひどくて、すっげー腹が立って、1人で夜な夜な怒っておりました。

今日はそのことについてのお話。

勝手にできないと決めつけて、子供の可能性をつぶしている

デュシェンヌ型の筋ジストロフィーの子供を持つ親御さんが、子供に「もう、野球の選手なんて夢は捨てなきゃね。ぼく、何のために生まれてきたのかな?」と聞かれて、どのように答えて良いかわからないので教えてください。という質問があり、それに対して自称コラムニストが返した答えが無責任でひどいものだったんです。

なんて答えたと思います?

 

難しい病気を克服して世界中の人々の希望となるために生まれてきたんだよ」と答えてあげてください。

 

ですって奥さん。

 

は?

 

「難病」というのはどういう病なのかをこの人は全く理解していない。

克服できない病」だから「難病」なのであって、克服できないからこそ、当事者は、世の中に生きづらさを感じながらも、生涯、病気と向き合って生きていくしかないんですよ。

最も許せなかったのはこの部分で、思い切り夢を否定しちゃってます。

10歳という若さで野球選手になれないとひとつの夢を諦めようとしている子にむかって、「大好きな野球を選手としてプレーすることはできない」とか書いちゃってるんですよ。

スポーツライターになれだ?

何勝手にできないと決めつけちゃってるの?

車いすに乗ってたって、バットを持つことができるのなら、座ったままでも打つことはできるんじゃないの?

車いすに乗ってたって、グローブを持って守備につくことはできるよ。

バットが重すぎて持てないんだったら、プラスチックのバットでスポンジボールを打つくらいならできるかもしれないじゃん。

車いすに乗りながらできることってたくさんあるんだよ。

こういう無責任なアドバイスによって、子供の可能性を奪っていることに何故気づかない?

キレイゴトを抜かして自分に酔ってるやつを見ると吐き気がする。

「世界中の人々の希望」という名の「犠牲」

「大好きな野球の選手として活躍するという夢は叶わないかもしれませんが、その代わりに“世界中の人々の希望となる”という壮大なスケールの夢を持つことができる」ってあるけど、世界中の人々の希望になるためって何?

壮大なスケール?お前の考えなんか知るか。

 

生きるために生まれてきたんじゃないのか。

 

「世界の人々の希望」ってなんだよ。世界の人々のため「犠牲」になってねと10歳の子供に言えってこと?

無責任すぎるだろ。

仮に僕がこの子に同じ質問をされたら、きっと返す言葉を見つけることができないと思う。

境遇も違えば体も違う。僕よりも重症で、大変な境遇にいる子を励ます言葉を僕は持ち合わせていない。

ただ近くにいて、この子がやりたいことを全力でサポートするしかできないと思う。

でも、無責任なアドバイスによって子供の可能性を奪ってしまうくらいなら、ただ近くにいて、全力でサポートしてる方がまだマシだ。

だから、この親御さんには、その子の夢を決して否定せず、あらゆる可能性を模索して、やりたいことができるように全力でサポートして欲しい。

こんなキレイゴトを言う人のことなんか無視していい。

「世界の人々の希望」という名の「犠牲」になるのではなく、ただ精一杯生きて欲しいと願うばかりだ。

 

 

[wc_box color=”info” text_align=”left”]

Twitterでフォローしよう!

[/wc_box]

[wc_row][wc_column size=”one-half” position=”first”]
記事が気に入ったらいいね!で情報GET!

[/wc_column][wc_column size=”one-half” position=”last”]

[/wc_column][/wc_row]

 

「note」で有料記事を配信してます

[wc_box color=”secondary” text_align=”left”]

もしも私が、筋ジストロフィーじゃなかったら、女たらしでどうしようもない、ろくでなしのクソ野郎なっていたかもしれない

[/wc_box]

難病当事者インタビュー実施中!

当ブログでは、難病の当事者インタビュー「あなたの病気、発信してみませんか?」を実施しています。ご自身の経験を当ブログで発信してみませんか?

企画の詳細はコチラ