Bauhutte(バウヒュッテ)のソファイス「SOC-01-BK」を1ヶ月使ってわかった良いところ・悪いところ

こんにちは、Gorian91(@gorian91)です。

Bauhutte(バウヒュッテ)のソファイス」を迎え入れてから1ヶ月経ちました。

以前使っていた椅子よりは遥かに座り心地が良く満足しているのですが、1ヶ月も利用していると良い部分も悪い部分も見えてきました。

Bauhutte(バウヒュッテ)のソファイス」の購入を検討されている方のために、改めて使ってみた感想を書いてみました。

[kanren postid=”5292″]

大きい脚部がケーブルを踏みまくってしまう

使い始めてこれはアカン!!!ってなったのが、脚部がケーブルを踏みまくるということ。

このソファイスはゆったり座れるように座部が大きくなっているのですが、その分、安定感を生み出すために、脚部も大きくなっているんですよね。

Bauhutte(バウヒュッテ)のソファイスの脚部
Bauhutte(バウヒュッテ)のソファイスの脚部

すると、どうなるか。

僕の作業環境では、イスのちょうど右下にケーブルがあるので、この大きい脚部がケーブルを踏みまくります。

もちろん僕も脚部がデカいことはわかっているので、常に気をつけてはいるのですが、それでもめっちゃ踏んでしまいます・・・・。

おかげさまで、MacbookAirの充電ケーブルが犠牲になり、もうすぐ断線しそうな状態に。

MacbookAirのケーブルが断線しそうな状態に
MacbookAirのケーブルが断線しそうな状態に

そもそもケーブルの位置が悪いってのもあるので、これはどうにかしないと充電ケーブルが何本あっても足りなくなる・・・。

純正のMacbookAirの充電ケーブルめっちゃ高いのでこれはちょっと考えんとイカンですね。

[amazonjs asin=”B00FOLR8H8″ locale=”JP” title=”純正 Apple MacBook Air用ACアダプター A1436 45W 14.85V 3.05A 2012 MAGSAFE POWER ADAPTER”]

ケーブルが踏まれないように延長コードを買って整理したいところですね。

リクライニングの角度が浅くて意外と寝づらい

もう一つ、意外とダメだったのが、このリクライニングの角度。

ソファイス側面
ソファイス側面

Bauhutte(バウヒュッテ)のソファイス」は最大132度までリクライニングを倒すことができるようになっています。

んが、実はこの角度だとめっちゃ寝にくい。せめてあと10度くらい倒すことができれば快適に寝れるのに・・・。

快適すぎてイスで寝てたら盗撮された
快適すぎてイスで寝てたら盗撮された

まぁ、それでも全然寝れるんですけどねw

そもそもこれは仕事するときに座るイスだし、あんまり快適な角度すぎると仕事しなくなりそうなので、これはこれでちょうどいい角度なのかもしれません。

クッションなしで長時間座っていてもお尻が痛くならない

悪い面ばかり書きましたが、もちろん良い面もあります。

それが、クッションなしで長時間座っていても、お尻が痛くならないということ。

僕は病気の影響で全身の筋肉が少ないのですが、お尻の筋肉も少ないので、固いイスだとすぐにお尻が痛くなるんですよね。

木製の固いイスに直接座ろうものなら、お尻の細胞が死んでいくんじゃないかってほどの激痛なんです。

頑張って耐えれたとしても1時間が限度。

中高のときは木製のイスで地獄だったので、座布団を2、3枚重ねて使っていました。それでも痛かったけど。

でも、「Bauhutte(バウヒュッテ)のソファイス」なら、長時間座っていてもお尻の細胞が死滅しないですし、もちろん痛くなりません。

しかも、クッションなしでもOK。これ素晴らしくないですか?

定期的に20〜30分起きくらいに立ち上がって軽くストレッチをしていれば、痛みもなく快適に作業をし続けることができます。

[voice icon=”https://gorian91.com/wp-content/uploads/2016/07/13094373_481080725419343_2680967259219247927_n.jpg” name=”Gorian91″ type=”l”]お尻の肉が少ない細身の方におすすめ![/voice]

まとめ

最初はめっちゃいいと思ってた商品でも、しばらく使ってみると、良い部分も悪い部分もあることがよくわかりますね。

この記事ではマイナス面が割合多くなりましたが、買わなければ良かったかと聞かれたら全然そうではなく、むしろ良い買い物をしたと思ってます。

ただ、もうちょっと工夫できる部分もあったんじゃないかな〜とは思っています。

ともあれ、1万5,000円という価格を考えれば、充分すぎるクオリティなんですけどね。

Bauhutte(バウヒュッテ)のソファイス」を買おうか検討されている方の参考になりますように。