美容院で渡される雑誌を見れば、他人から見た自分の第一印象が分かるという話

美容室で髪を切ってもらうときに必ず渡される雑誌が、自分の好みじゃなかった・・・という経験はないでしょうか。

もしかすると、それは、自分がこう見られたいと思う理想のイメージと、周囲に与えているセルフイメージとにギャップがあるのかもしれません。

美容院で渡される雑誌は、他人から見た自分を映し出す鏡

美容院で渡される雑誌は、自分のセルフイメージを映し出す鏡です。

例えば、僕の通っている美容院は、個人で運営をされているのですが、そのお店では、毎月面白そうな雑誌を選んで買ってきて、カットをする前にお客さんのイメージに合わせて興味を持ってくれそうな雑誌を何冊か渡しているそうです。

先日、髪を切りに行ったときに僕に渡された雑誌は、「BRUTUS(ブルータス)」と「Begin(ビギン)」という雑誌でした。

[amazonjs asin=”B01M62G2R9″ locale=”JP” title=”BRUTUS(ブルータス) 2016年 11/15 号 漫才ブルータス”] [amazonjs asin=”B01LBFWM58″ locale=”JP” title=”Begin(ビギン) 2016年 12 月号 雑誌”]

「BRUTUS(ブルータス)」は、男性向けのライフスタイル提案系の雑誌で、旬の話題からちょっとマニアックなことまで日常に関するあらゆるテーマを独自の視点で切り取った内容。旬の話題もあれば、ニッチでコアな内容もある。

一応男性向け雑誌とのことですが、幅広い話題から女性読者も多いのが特徴。テーマの切り口が独特なので、こういうのを好むのは恐らく、自分独自の世界を持っていて、好き嫌いがハッキリしている価値基準が明確な人。

「Begin(ビギン)」は30代の男性をターゲットにしたこだわる男の「モノ&ファッション」情報誌となっているので、たぶん、モノやファッションにこだわりが強いと思われている。モノやファッションはトレンドのものよりも質の良い本物を選ぶ人。

あと、僕は28歳なのでまだ30代じゃないところを考えると、実年齢よりは上に見られているのかも。

以上のことから推測される僕のセルフイメージは、

  • 独自の世界観を持っていて好き嫌いの明確な価値基準がある
  • 旬の話題は当然ながら、ニッチでコアな話題にも関心がある
  • 実年齢よりも少し年上に見える
  • モノやファッションにこだわりが強い
  • トレンドやモテよりも質を重視する

ということが推測されます。

まだギリギリ20代の僕としては、30代向けの雑誌を渡されるのはショックですが、実際はこう見られているということがわかります。

ただ、実際のところ、BRUTUS(ブルータス)は好きな雑誌でよく読むのですが、Begin(ビギン)はあんまり好きな雑誌ではないですし、ほとんど読まないので、恐らく自分が思い描いている理想のイメージと、周囲に与えているセルフイメージとの間にギャップがあるのでしょうね。

ギャップがあると、得をすることもあれば、損をすることもある

「じゃあ、このギャップがあると何が起こるの?」ということですが、ギャップは上手く利用できれば得することもありますし、逆に、損をすることもあります。

例えば、恋愛なんかだとわかりやすいですよね。

得をするケースというのは、ギャップが相手に良い印象を与える場合のことで、友達同士で何人かで一緒にいるときはクールで無口なキャラなのに二人きりになるとよくしゃべるとか、服装が派手で一見遊んでいそうに見えるのに実は真面目で家庭的とか。

こういうギャップですね。

一方、損をするケースは、誠実な人に好かれたいのに派手な風貌をしているばっかりに遊んでいるように見られてしまって相手にしてもらえないとか、逆に一見真面目そうなのに実は遊びまくってるとか。

こういうギャップは悪い印象を与えてしまいますよね。

ギャップがあるとダメというわけではないですが、自分でコントロールできないと、良い方向に転ぶこともあるし、逆に悪い方向に転んでしまうこともあるので怖いですよね。

セルフイメージを知りたい方は、美容院で渡された雑誌を見てみよう

恋愛の話を引き合いに出しましたが、セルフイメージは上手くコントロールできれば、恋愛でも有利になりますし、もちろんそれだけじゃなく、仕事にも活かすことができます。

自分の持つイメージをコントロールできれば、ブランディングもしやすいですからね。

自分が周囲にこう思われたいというイメージがあるのなら、服装や髪型を見直したり、立ち振舞や身だしなみを変えることによって、理想のイメージに近づけることができるので、興味がある方はぜひやってみてください。

自分のセルフイメージを知りたいのなら、美容院で渡される雑誌とかがわかりやすいので、他人にどういう印象を持たれているのか知りたいという方はチェックしてみてください。

編集後記

Gorian91

昨日は久々にゴルフの打ちっぱなしに行っていました。

毎週のようにゴルフコースでラウンドをしていたので、練習場にはあまり行ってなかったのですが、最近は家族の仕事が忙しくてコースに行けてなかったこともあり、久々に練習場へ。

ここ数週間はプレーできてない分、プロゴルフの試合を見て色々と研究をしていたので、その研究していたことを色々と試すことができました。

コースでの実践が一番の練習になると思ってましたが、たまには練習場で打ってみると発見があるものですね。

次回は11月10日に本コースに行くので、今後こそ100切りを達成したいところです。

活動にご賛同いただけるスポンサー様を募集しています

当ブログでは、運営者であるショウゴが行なっている活動に協賛いただける企業・団体、個人のスポンサー様を募集しています。

私は現在、大阪でWebの仕事をしながら「難病であってもやりたいことをなるべく諦めなくて良い社会」の実現を目指して活動を行っており、難病カフェ大阪の運営や難病や障害理解を促すコンテンツの作成などを行なっています。

世間の関心も少しずつ集まっており、メディアへの露出も続いているため、宣伝効果も見込めます。興味がある方はぜひご検討ください。