3年2ヶ月前に僕が初めて書いたブログ記事を掘り起こしてみた

The following two tabs change content below.
gorian91
希少難病ブロガー 自身の難病から体力的な限界を感じ、時間を自由に活用できるフリーランスの道へ。2016年から法人化。難病当事者の雇われない生き方・働き方を追求しています。

こんにちは、ショウゴ(@gorian91)です。

僕が参加しているブログサロン「ヨッセンスクール」で、「あなたの1記事目を教えてください」という黒歴史?を晒す恐ろしげなスレが立っていたのですが、読んでいるとめっちゃ面白かったので、自分の初めて書いた記事書いた記事を掘り起こしてみました。

僕が初めて書いたブログ記事

僕が初めて書いた記事はこちら。

知らないでは済まされない!労働基準法や労働者派遣法など、法律により「常時雇用」の法的解釈が異なるという話

2014.12.21

何やら小難しいことを書いてますね。

というか、思ったより普通で面白くなかったw

元々、自分が仕事で学んだことをアウトプットする場としてブログを始めたので、当然といえば当然だけど。

最初はこんな記事を書いていたようです。

あと、同じ日付でこちらの記事も投稿していました。

「武器としての書く技術」イケダハヤト(著)- ブログは楽して儲かるものではなく、農業のようなもの

2014.12.21

投稿日時はどちらも2014年の12月21日になっているので、ちょうど3年と2ヶ月前ですね。

2014年といえば、ブロガーのイケダハヤトさんが、東京から高知県へ移住して間もない頃で、Webで名前をよく聞くようになったイケダハヤトさんに興味を持ち、彼の本を読んでレビュー記事を書いていたみたいです。

改めて、最初に書いた記事を振り返ってみると、当時の自分が何を思って何をしていたのかがわかるので、面白いですね。

飽きっぽい自分のことだから、ブログを始めた頃は、まさかこんなに長く続けることになるとは思っていなかったけど、気づいたら3年以上経っていました。

もはやブログは生活に一部になっているので、しばらくは続けることになりそうだけど、いつかブログを書かなくなる日が来るのかなぁとか、そんなことを思いながらこの記事を書きました。

まとめ

ショウゴ
今回は僕が初めて書いたブログ記事をご紹介しました。

3年前の記事となると、もはや別人が書いた記事に見えますね。