Amazon Echo Dotを購入!ちょっとした秘書代わりに使える未来を感じるデバイスだった!

The following two tabs change content below.

こんにちは、ショウゴ(@gorian91)です。

ついに我が家にもやってきました、スマートスピーカー「Amazon Echo Dot」。

昨年くらいからGoogleの「Google Home」やLINEの「Clova WAVE」など、様々なスマートスピーカーが発売され、ネットでも話題になっていました。

最初は全く買う気がありませんでしたが、11月にAmazon Echoシリーズが発売されてから調べていくうちに、「あれ、これ思ったより実用的じゃね?」と感じるようになり購入することに。

今回、Amazon Echoシリーズの中では最も小型で廉価な「Amazon Echo Dot」を購入したので、使ってみた感想を書いてみたいと思います。

Amazon Echo Dotは招待されたユーザーのみ購入可能

「Amazon Echo Dot」は、招待されたユーザーのみ購入することができます。

Amazon Echoの販売ページから招待メールをリクエストすると招待メールが届き、そこから購入できるようになっています。

Amazon Echoは下位のモデルから順番に、「Echo Dot」、「Echo」、「Echo Plus」の3つがあって、一番上位の「Echo Plus」はスマートホーム機能と呼ばれるスマートデバイスと連携する機能がついています。

スマートホーム機能があれば、Philips hueなどのスマート照明とも連携することができ、音声で照明の操作もできるようになるのですが、僕はそこまでの機能は必要としてないので、今回は最も小型で廉価なモデルである「Echo Dot」を購入しました。

中身はこんな感じ。

スピーカー本体にACアダプター、そしてケーブルが入っています。

小型というだけあって本体は小さくて軽いです。

音声操作が基本ですが、本体には4つボタンが付いていて、音量の調節やマイクのオンオフなどの操作ができるようになっています。

ケーブルをつないで電源をつけると、本体の円周部分がオレンジ色に点灯。

Amazon Echoは、AIアシスタントのAlexa(アレクサ)を使って操作をするので、Alexaアプリをダウンロードして、初期設定すると使えるようになります。

Alexaの初期設定と使い方は別の記事でまとめるとして、以下、実際に使ってみた感想です。

Amazon Echoの音声アシスタントAlexa(アレクサ)を使ってみた感想

ちょっとした秘書代わりに使える

使ってみて思ったのは、ちょっとした秘書代わりに使えるということです。

例えば、スケジュールの管理。

Alexaとカレンダーを連携しておき、「アレクサ、今日の予定を教えて」と言うと、1日の予定の確認することができます。

そして、「アレクサ、明日13時から◯◯さんと会議の予定を入れておいて」と言うと、予定の追加をすることができます。

これがとても便利。

口頭で操作をするので、何か作業をしながらでも予定を追加したり確認できるんですよね。

マルチタスクが捗りそう。

他にもやることリストを作成したり、簡単な調べ物も質問をすればすぐに答えてくれるので、ちょっとした秘書のように働いてくれます。

使い方次第では有効活用できそうです。

音声認識の精度も良いので、何度も言い直したりすることもなく快適に使うことができます。

Kindleやニュースの読み上げで情報収集ができる

あと、個人的に「これはめっちゃいい!」と思ったのは、読み上げ機能です。

電子書籍のKindleやニュースの読み上げをすることができます。

本を読むのって地味に時間がかかるので、音声で読み上げができるのはとてもありがたい。

また、機械による読み上げはイントネーションが変で聞き取りづらかったりすると思うんですけど、Alexaは日本語も自然なので、気持ち悪さをそれほど感じることなく安心して聞くことができます。

あと電子書籍だけじゃなくって、ニュースも読み上げてくれるんですよね。

Alexaには開発者によって追加された機能「スキル」というものがあり、色んな機能が開発されているわけですが、ニュースの読み上げスキルが提供されています。

予め読み上げたいメディアのニュース読み上げスキルを追加しておくことで、「アレクサ、今日のニュースは?」と聞くとニュースを読み上げてくれるようになります。

僕の場合、事務所にAlexaを置いてるんですが、事務所に来て「アレクサ、今日のニュースは?」と聞くだけで情報収集ができます。

「何かある?」と聞いたら、1日のトピックを教えてくれたりもします。

情報収集をするためのツールとしても使えるというのは知らなかったので、これは使えそうだなという感じです。

「Echo Dot」のスピーカーとしての性能はあまり良くない

最後にひとつ注意した方が良い部分としては、スピーカーとしての性能です。

音声操作をしたり、Alexaの声を聞くだけなら全く問題ないのですが、音楽を聞くスピーカーとしてはあまり良くないと感じました。

「Echo Dot」は廉価なモデルなので、当然なんですけどね。

もしAmazon Echoでスピーカーとしても使おうと考えている方は「Echo Dot」よりも、スピーカーとしての性能が強化されている「Echo」にするか「Echo Plus」にした方が良いと思いました。

Bluetooth搭載のスピーカーであれば、Alexaで操作できるので、別のスピーカーを買って連携させておくのもありですね。

まとめ

今回は「Echo Dot」を使ってみた感想を書きました。

まだ購入してから間もないので、「どんな使い方ができるんだろう?」と模索している最中ですが、基本的な機能だけでもそれなりに使えますし、買って損はないと思います。

Alexaのスキル開発にも興味があるので、使っていく中で何かしらのスキルを作ってみたいですね。

あと、そのうち1家に1台のスマートスピーカーという時代が来そうだなと感じたので、今のうちに使いまくって上手く活用できるようになっておきたいところです。

今回ご紹介したAmazon「Echo Dot」は、Amazonの販売ページから招待メールをリクエストして、そこから購入できるようになっているので、興味がある方はぜひチェックをしてみてください。

【Amazon Echo】音声アシスタント「Alexa(アレクサ)」の初期設定とセットアップ

2018.03.22

1日集中で効率的に学ぶWordPressブログ構築講座

1日集中で効率的に学ぶWordPressブログ構築講座は、ブログを継続して仕事につなげたいという方のための、1日であなただけのオリジナルブログを作るワークショップです。

私自身がこれまでやってきたことをベースに、ご自身に合ったブログの作り方からアクセスを増やす記事の書き方、ソーシャルメディアを活用した情報発信のやり方まで、ワンストップでお伝えします。