無料のヘルプマークが売買されている問題について感じたこと

こんにちは、ショウゴ(@gorian91)です。

先週、モヤッとするニュースがありました。

無料で配布されているヘルプマークが、フリマアプリで有料で売買されているというものです。

無料のヘルプマーク、ネットで売買 取りに行けない人も:朝日新聞デジタル

ヘルプマークは、外見ではわからない障害や疾患のある方が、周りからの配慮を受けられるよう周りに周知させるマークで、誰でも無料で受け取れるものです。

しかし、そんなヘルプマークがフリマアプリで売買されてしまっています。

現在は全国19都道府県で受け取れますが、そのうちの12都道府県では、原則、郵送では配布していないので、窓口に取りにいけない方がヘルプマークを入手できなくて、やむなくフリマアプリなどで買ってしまっているわけですね。

いくらニーズがあるからといって、税金で作ったもんで商売すんなと思うのですが、当事者の気持ちを考えると致し方ないとも感じてしまう次第です。

ニュースを見て感じたことを動画にしましたので、良かったらご覧ください。

活動にご賛同いただけるスポンサー様を募集しています

当ブログでは、運営者であるショウゴが行なっている活動に協賛いただける企業・団体、個人のスポンサー様を募集しています。

私は現在、大阪でWebの仕事をしながら「難病であってもやりたいことをなるべく諦めなくて良い社会」の実現を目指して活動を行っており、難病カフェ大阪の運営や難病や障害理解を促すコンテンツの作成などを行なっています。

世間の関心も少しずつ集まっており、メディアへの露出も続いているため、宣伝効果も見込めます。興味がある方はぜひご検討ください。