難病の方のお出かけ事情は?第4回難病カフェ大阪「難病でも安心してお出かけするときの工夫」 #nc_osaka

6月3日(日)に大阪池田市にあるレンタルスペースで第四回難病カフェ大阪を開催しました。

今回のテーマは「難病でも安心してお出かけするときの工夫」。

毎回、特にテーマを設定せずに交流をしていた難病カフェ大阪ですが、第四回目となる今回は、来たる夏に向けての「お出かけ」をテーマに話をしながら交流しました。

参加者は13名、取材にも来ていただいて、今回もワイワイと盛り上がる楽しい会となりました。

話題提供「お出かけ」をテーマにした発表

難病カフェの冒頭では、毎回僕が少し話をするのですが、毎回僕が話すのも味気ないので、今回は話題提供として、運営を手伝ってくれているメンバー2人に発表していただきました。

病気で疲れやすいことから出先で喫茶店などで休憩することが多くなって、いつしか飯テロが趣味になった∧( ‘Θ’)∧@鶏さんにはグルメを中心にお出かけ情報を。

そして、野球、サッカー、バスケにラグビーとスポーツ観戦に詳しいTOMO @難病主夫パパロガーさんにはスポーツ観戦について話をしていただきました。

お二人とも仕事が休みの日には、アクティブに外を出歩かれているようで、持っている情報の量がすごくて参考になる話ばかりでした。

個人的に気になったトピックをざっとあげるとこんな感じ。

  • 出かける前に「picknic」や「Bmaps」などでバリアフリー情報を収集しておくと安心
  • 大きな商業施設などでは昔に比べるとバリアフリー環境が整ってきており車椅子の方をよく見かける
  • 飲食店では店員さんにサポートを求めると親切にサポートしてくれることも多い
  • 映画館は施設にもよるが、車椅子でも利用できるシアターがある
  • スポーツ観戦はチームによっては中には障害者割引でお得に観戦できるところがある
  • スタジアムのバリアフリーは、古い施設の場合、使いやすいと言えない場所も多いとのことですが、新しい施設や改修工事がされた施設なら車椅子でも観戦できるところはある

特に、僕は最近、足腰の筋力が低下してきて出かけるのが億劫に感じることも多かったのですが、楽しそうに話をされている様子を見ると、「お、ちょっと行ってみようかな」と感じましたし、僕も二人を見習わないとアカンなと思いました。

参加者の皆さんに聞きたいことコーナー

お出かけ以外のテーマで話をしたい方もいらっしゃったので、後半は申し込み時に記入いただいた、「参加者の皆さんに聞きたいこと」をピックアップしながらのディスカッション。

今楽しんでいることやハマっていること、生活する中であった嫌なこと、それぞれどんな働き方をされているのか、災害があったときのために何か備えをしているのかなど、幅広い話題に触れ、ざっくばらんに話をしました。

最初は緊張の面持ちの方もいらっしゃったのですが、少しずつ打ち解けて、最後の方では参加されている皆さん楽しそうに話をされていました。

今回は13時から17時までの長い時間でしたが、今回も「もうちょっと時間が欲しいな」と感じる話足りない感じでした。

最後に参加者全員で記念撮影をして、お開きとなりました。

難病カフェ終了後は希望者とスタバで懇親会

難病カフェ終了後は、希望者の方と懇親会。駅近くのスタバで延長線。

僕を含めて6名くらいの方と2時間くらい話をしました。

毎回、難病カフェは10名以上の方が参加されるので、ひとりひとりと話する時間は限られているのですが、懇親会だとゆっくり話せて良いですね。

次回もまたやりたいです。

次回は7月末から8月に開催予定

難病カフェ大阪は、大体二ヶ月に一回のペースで開催をしているので、次回は恐らく7月末か8月くらいになると思います。

まだ詳細は未定なので、決まり次第、告知をしたいと思います。

今回、難病カフェ大阪に参加してくださった皆さんありがとうございました!

活動にご賛同いただけるスポンサー様を募集しています

当ブログでは、運営者であるショウゴが行なっている活動に協賛いただける企業・団体、個人のスポンサー様を募集しています。

私は現在、大阪でWebの仕事をしながら「難病であってもやりたいことをなるべく諦めなくて良い社会」の実現を目指して活動を行っており、難病カフェ大阪の運営や難病や障害理解を促すコンテンツの作成などを行なっています。

世間の関心も少しずつ集まっており、メディアへの露出も続いているため、宣伝効果も見込めます。興味がある方はぜひご検討ください。