Webサイトのプロトタイプ制作に便利なAdobe XDの基本が学べる一冊。「Adobe XD UIデザインとプロトタイプ制作の教科書」

Webサイトを作るときに、「何を」「どこに」「どのように」配置するのかを決めるワイヤーフレーム。

サイトの設計図ともいえるワイヤーフレームは、どのようなサイトを作るのか、制作者やお客さんと認識を合わせるために必要ですし、サイトの「見やすさ」や「使いやすさ」にも直結する重要なものです。

僕はサイトを作るとき、これまでAdobe Illustratorなどグラフィックデザインのソフトを使っていましたが、最近はAdobe XDといったユーザーインターフェースのデザインやプロトタイプ制作に特化したソフトが出てきました。

Adobe XDはまだ実務で使ったことはないのですが、これからのサイト制作で使えるようになっておいた方が良いと思ったので、機能やツールの使い方を一通り勉強するためにこの本を買いました。

Adobe XD UIデザインとプロトタイプ制作の教科書

 

Adobe XD UIデザインとプロトタイプ制作の教科書」では、「Adobe XDってそもそも何やねん」という導入部分から、Adobe XDの基本的な機能やツールの使い方が一通り解説されています。

実務で使いそうなパターン化されたコンテンツを簡単にレイアウトできるリピートグリッド機能や、サイトを構成するページの関係を指定するプロトタイプの機能、インタラクションの設定、デザインスペックの共有などですね。

本書の前半では主要な機能の解説、後半からは、実際に手を動かしながら学べるように、サンプルファイルをダウンロードして、それを使いながら勉強できるようになっています。

Adobe XDの基本的な機能を学びつつ、Webサイトを実際に作って操作方法を覚えていきたいという方におすすめの一冊です。

Web制作をする人は触っておいて損はなし

本書を読みながら実際に軽く触ってみましたが、Adobe XDはプロトタイプを作るにはめっちゃ便利なソフトです。

ただ、細かい作り込みをするためのソフトではないので、Webサイトを制作するならプロトタイプをAdobe XDで制作し、細部のパーツや画像の作り込みはIllustratorやPhotoshopで、という使い分けになるのかなと思いました。

Webサイトの制作をされている人であれば、触ってみて損はないと思うので、興味がある方はぜひ読んでみてください。

活動にご賛同いただけるスポンサー様を募集しています

当ブログでは、運営者であるショウゴが行なっている活動に協賛いただける企業・団体、個人のスポンサー様を募集しています。

私は現在、大阪でWebの仕事をしながら「難病であってもやりたいことをなるべく諦めなくて良い社会」の実現を目指して活動を行っており、難病カフェ大阪の運営や難病や障害理解を促すコンテンツの作成などを行なっています。

世間の関心も少しずつ集まっており、メディアへの露出も続いているため、宣伝効果も見込めます。興味がある方はぜひご検討ください。