壁ドンで話題となった養命酒を1週間飲んでみたら嘘のように朝が楽になった

壁ドン

こんにちは、Gorian91(@gorian91)です。

少し前に壁ドンで話題となった養命酒。おいじいちゃんの飲み物と敬遠する方が多いのですが、若い人でも抜群に効果があります。

1週間養命酒を継続的に飲み続けていると、徐々に効果を体感できるようになったのでどう効果があったのかをご紹介します。

体がポカポカして寝付きが抜群に良くなった

眠っている赤ん坊

アルコール度数が14度、ワインと同じくらいのアルコールが含まれているので、飲むと体がポカポカしてきます。

私の場合、お酒に弱いので、少量でも効果がありました。寝る前に飲むことで、寝付きがよくなりました。

 

目覚ましがなくても、6時間でピッタリ目が覚める

朝起きて1杯目のエスプレッソ

これが一番びっくりした効果です。 私はもともと低血圧だったので、朝がめっちゃ苦手でした。

ですが、今、私はここのところ半年くらい、目覚まし時計を使っていません。

養命酒には、疲労回復の効果があると記載されている通り、養命酒を飲んでいると、極端に疲労困憊でなければ、だいたい6時間くらいで自然と起きることができます。

冬に外でしばらく手を出していても、かじかまなくなった

手袋

私は冷え性で冬は常にカイロを持っているのですが、いつもちょっと外にいるだけで、手が氷のように冷えきって手がかじかんでいました。

養命酒を飲み始めると、少しの時間外にいたぐらいでは、手が冷えなくなりました。

1日3回食前と寝る前に飲むよう記載されていますが、お酒が弱い方だと、寝る前に1回飲むだけで充分効果があります。

1Lの瓶で1日1回だけ飲むようにすれば、だいたい1ヶ月くらいは持ちます。 1Lの瓶で2,400円、700ml瓶が1,700円程度でコスパも悪くありません。

冷え性の方はもちろん、朝が苦手な方は是非一度、騙されたと思ってお試しあれ。

活動にご賛同いただけるスポンサー様を募集しています

当ブログでは、運営者であるショウゴが行なっている活動に協賛いただける企業・団体、個人のスポンサー様を募集しています。

私は現在、大阪でWebの仕事をしながら「難病であってもやりたいことをなるべく諦めなくて良い社会」の実現を目指して活動を行っており、難病カフェ大阪の運営や難病や障害理解を促すコンテンツの作成などを行なっています。

世間の関心も少しずつ集まっており、メディアへの露出も続いているため、宣伝効果も見込めます。興味がある方はぜひご検討ください。