GoProにつけたまま充電できる保護フレームが超便利!マウントを外さず充電可能に

GoPro HERO7 Blackを購入して1ヶ月経ちました。

思っていた以上に使える場面が多く、外出するときは常に持ち歩いているほど気に入っています。

満足度は非常に高いのですが、GoPro本体を充電するときに保護フレームを外してケーブル接続する必要があるというのが大きな不満でした。

ですが、調べてみるとGoProにつけたまま充電できる保護フレームがあって、これを使うことで不満が解消されました。

GoProを買うのであれば、一緒に買っておいた方が良いくらい便利なアイテムです。

GoProにつけたまま充電できるTaisionerの保護フレーム

今回購入したのがこちらのTaisionerの保護フレームです。

写真には写ってないですが、保護フレームのほか、シリコンレンズカバー、サムスクリュー(マウントに固定するネジ)、バックルが付属しています。

GoPro本体を買ったときに付属するフレームとは異なり、フレーム側面の部分が大きくあいた作りになっていますね。

ここがあいていることによって、GoPro HERO7 Blackにフレームをつけたまま充電ケーブルを挿すことができるようになります。

これでバッテリーが切れる度にフレームから外して充電をするという手間を省くことができます。

GoPro HERO7は設定にもよりますが、1.5時間〜2時間くらいで充電が切れてしまい、長時間撮影ができません。

ですが、この保護フレームに入れてモバイルバッテリーと繋いでおくことによって長時間の撮影が可能になりますよ。

まとめ

充電するときに毎回フレームを外すのが非常に面倒くさかったのですが、これで解消することができました。

他にもGoProと併せて買っておくと便利なアイテムもご紹介しているので、良かったらこちらの記事も参考にしてみてください。

[kanren postid=”11466″]