Manfrottoのスリングバッグレビュー!コスパ抜群の小型軽量カメラバッグ

こんにちは、ショウゴ(@gorian91)です。

最近カメラを持って出歩くことが増えてきたのですが、カメラを持ち運ぶための良いバッグを持っていませんでした。

それほどお金をかけたくなかったので、安くて良いやつはないかと思って探していたところ、良いバッグを見つけたので購入してみました。

それがこちらのManfrottoスリリングバッグです。

小型軽量の激安カメラバッグ「Manfrotto スリングバッグ(11.5L)」

今回購入したのは、「Manfrottoスリングバッグ(11.5L)」です。

肩から斜めにかけて使うタイプのバッグで、サイズは11.5Lと小さめですが、A4サイズの書類を折らずに入れることができるほか、13インチまでのノートパソコンであれば収納可能となっています。

マンフロットといえば、カメラの三脚のイメージが強かったのですが、カメラ用のバッグも販売しているんですね。

Amazonプライム会員だと4,000円台で買える安さ

今回購入することに決めた理由は何よりまずそのお値段。

Amazonプライム会員であれば、なんと4,000円台で買えるんですよね。

バッグとかってそれなりに良いやつを買おうとすると、1万円近くするしもっと良いものを買おうとしたらもっとかかる場合もあるのに、これは5,000円以下なので驚きです。

「値段が安いと作りが安っぽいのでは?」

と疑問が湧きますが、そういうこともありませんでした。

Manfrottoスリングバッグの外観

ショルダーパッドは分厚いので、重い荷物を入れても肩が痛くなりにくい

ショルダーパッドはとても分厚く、重い荷物を入れていても、肩が痛くなりにくいです。

背中の部分もしっかりと衝撃を吸収してくれそうな作りでがっしりしてます。

横からみるとその分厚さがよくわかりますね。

また、正面には補助ストラップがついているので、バッグを体にフィットさせることができるようになっています。

側面のポケットには三脚も収納可能

あと側面にはポケットがついているので、旅行用などの小型の三脚であれば入れておくことができます。

バッグの側面には持ち手の部分がついていました。こっちの使い道はよくわからないけど。

あと、バッグの背面に小物の収納スペースがあり、A5サイズくらいまでであれば入れることができるようになっていました。

ただ、あまり厚さはないので、入れるとすれば手帳やポータブルHDDなどがちょうどいいかもですね。

Manfrotto スリングバッグの中身

次にバッグの中ですが、開くとこのようになっていて、カメラを入れるバッグインバッグが入っています。

中に入っているバッグインバッグは、マジックテープで固定されているだけなので、取り外しが可能です。

中のバッグはカメラ本体とレンズ2本くらいなら入るくらいのスペースがありました。

レンズをつけたまま本体を収納すれば、カメラに付けているレンズを含めて3本はいけますが、ファスナーが閉まりませんでした。

小さめの本体、レンズを選んだら入りそうですが、フルサイズの一眼レフとかだったら無理かもですね。(下の写真に入っているのはPENTAX K-S2)

中の赤い仕切りはマジックテープで取り外せるようになっています。

レンズをつけたまま突っ込む場合は片方を取り外しといた方が良いかも。

パソコンの収納スペースはちょっと小さめ

中のバッグを取り外すとこんな感じです。

下に見えるファスナーの下にスペースがあって、ここにパソコンを入れることができます。

パソコンは13インチのMacBook Airが入るくらいのサイズ感です。

15インチのMacBook Proだと入りません。

ちなみに僕が使っている12インチのMacBookだったら余裕でした。

あとファスナーの部分にはちょっとした小物が入るようになっているので、短めのケーブル類だったら収納できそうな感じですね。

まとめ

実際に使ってみて思ったのは、とにかくコンパクトで軽いから持ち運びがラクということです。

カメラ機材を持ち歩くと、荷物はどうしても重くなってしまいがちなので、バッグ自体が軽いのはとてもありがたいですね。

僕がよく使っているCote&Ciel(コートエシエル)のリュックは、大きくて大容量な反面、バッグ自体に重さがあったので、荷物が少ないときに使いにくかったんです。

今回購入したマンフロットのスリングバッグは、たくさんの荷物は入りませんが、その分とても小さいので持ち運びに便利ですし、なるべく荷物を軽くして撮影に行きたいときに活躍してくれそうです。

あと、お値段も安くて5,000円以下で買えるというのも個人的にはポイントが高いですね。

それでいて細部までしっかり考えて作られていますし、カメラ機材を入れずに普段使いにもイケるので、活用の幅も広くおすすめです。

カメラ機材を持ち運ぶコンパクトなバッグを探している方はぜひ参考にしてみてください。