「こんな夜更けにバナナかよ〜愛しき実話〜」を観て感じたこと。障害者が自分らしく生きるとは。心のままに生きるとは。生きる意味を深く考えさせられた

こんにちは、ショウゴ(@gorian91)です。

大泉洋さん主演の映画「こんな夜更けにバナナかよ 愛すべき実話」を見てきました。

筋ジストロフィーという難病でありながらも、自らの夢や欲に素直に生きた実在の人物、鹿野靖明さんと彼を支え続けたボランティアの人々の様子を描いた映画です。

僕も同じ筋ジストロフィーの当事者なので、これは見とかなアカンやろということで観に行ってきました。

注意事項

ここからはネタバレを含みますので、まだ映画を見てない人は観てから読むのを推奨します。

というか、そもそも観てないとあんま何言ってるかわからないかもです。

こんな夜更けにバナナかよの予告動画

「こんな夜更けにバナナかよ」を観て感じたこと

同じ筋ジストロフィーの当事者として、映画を観て感じたこと、考えていたことをまとめました。

動画でも紹介しているので、動画で観たい方はこちらをどうぞ。

障害や福祉に関心がなくても楽しめる作品

映画としては、障害や福祉に関心がなくても楽しめる作品だったように思います。

まず大泉洋さんの演技がスンバラシイ。

モデルとなった主人公の鹿野さんは作中では35歳(だったと思う)、その時点で既に24時間365日のサポートが必要な体。

必然的に腕や手や顔など動かせる範囲が少ないわけですが、身体的な制約が多い中での筋力が低下している方の力が抜けるような体の動きとか、大泉洋さんの表現力が純粋にすごいなと。

映画として楽しんでもらえる作品にするために脚色してる部分もあったんだけど、大泉洋さんの持ち前の人柄というか、キャラクターが見事にマッチしていて、違和感なく映画を観ることができました。

これは大泉洋さんの演技なくして成り立たない映画だと思う。

あと、鹿野さんのボランティアとして関わる医大生の田中くんを演じる三浦春馬さんは、真面目で誠実な好青年でありながら、自分に自信の持てないどこか頼りない雰囲気のある医大生。

父親との折り合いが悪く、自分の将来にも悩みながら、彼女である美咲とも喧嘩をして一時関係が悪化するなど、役柄的にはかなり難しそうなポジションだったけど、ただのイケメンじゃないと思わせる演技が個人的には高評価。

医大生田中くんの恋人で新人ボランティアの美咲を演じる高畑充希さんは、ボランティア視点で鹿野さんのワガママに振り回される様子や心情が出ていて面白かった。あと、めっちゃ可愛い。

自分に素直に自分らしく生きるとは。心のまま生きるとは。

主人公の鹿野さんを見ながら、心のままに生きるということは、一見するとワガママに見えるかもしれないけど、すべての人に嫌われるわけではないと考えていました。

時には本気でぶつかり合い、喧嘩したりすることもあるけれど、本心でぶつかるからこそ、理解し合えることもあるし、対等な関係を作ることができるのだと。

鹿野さんは夜中に疲れているボランティアの田中くんと美咲ちゃんに「バナナが食べたい。バナナを買ってきて」と言います。

最初は「なんてひどい奴だ!」とみんな感じると思うんですが、物語が進んで彼の生き方や考え方に触れていくうちに、不思議と印象は変わっていきます。

彼のやることが「果たしてこれは単純にワガママと言えるものなんだろうか?」と。

王様のように見える彼の立ち振る舞いも、視点を変えれば、やりたいことがあるけど自分にはできなくて困っているから力を借りているだけとも取れるんですよね。

 

ショウゴ

まぁ、夜中にバナナを買ってきてというのは、さすがにちょっとは気を使えよとは思う

 

最終的に鹿野さんに対する印象は良い方向に変わったけど、それでもやっぱり人によっては、鹿野さんの行動や立ち振る舞いに嫌悪感を抱く人もいると思う。

映画の中でも彼の元から離れていったボランティアについて描かれていたので、関わった人以上に彼の元を去っていった人も多いと思います。

ただ、全ての人に好かれるなんてことは無理なんだから、ありのままの自分をさらけ出して、それでも関わってくれる人を大事にしたいと思うし、彼の生き方には納得できる部分が多かった。

たぶん彼自身もそれはわかった上で、こういう生き方を選んだのだと思う。

 

ショウゴ

自分が同じような立ち振る舞いをするかって言われると、たぶんしないと思うけどね

 

あと、作中で描かれた鹿野さんの講演会で車椅子の少年の「鹿野さんが大切にしていることは何ですか?」という質問に対して「自分が困っている時に、人に頼む勇気です」と答えるシーンは、自分に欠けている部分だったので正直グサッときました。

結果的に鹿野さんは、生涯で500人以上のボランティアの方々にサポートされながら生活をされていたそうです。

実際に会ったことはないからわからないけど、単にワガママなだけの人だったらここまで人は集まらないと思うので、きっと彼には何か人を惹きつける魅力があったんだと思う。

障害者の中には、人になるべく迷惑をかけないようにと、自分を犠牲にして肩身の狭い思いをしながら生活をされている方も少なからずいると思うので、鹿野さんの生き方に勇気付けられる人も多いのではないでしょうか。

障害者が自分らしく生きるとは。心のままに生きるとは。

自分のこの先の生き方について深く考えさせられる映画でした。

まとめ

障害や福祉に関心がなくても楽しめる作品になっているので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

今回ご紹介した映画
サンプル

こんな夜更けにバナナかよ 〜愛しき実話〜

キャスト:大泉洋、高畑充希、三浦春馬、荻原聖人、渡辺真起子 他
公開日:2018年12月28日(金)
公開期間:2018年12月〜2019年2月上旬(前後する可能性あり)
総合評価4.0
筋ジストロフィーという難病でありながらも自らの夢や欲に素直に生きた実在の人物・鹿野靖明さんと彼を支え続けたボランティアの人々の様子を描いた映画です。障害者が自分らしく生きるとはどういうことかについて考えさせらる作品でした。

こんな夜更けにバナナかよ 公式サイトを見る