【口コミ】いつでも手軽に挽きたてコーヒーを楽しめる!手挽きコーヒーミル「PORLEX コーヒーミルミニ」

こんにちは、ショウゴ(@gorian91)です。

少し前にご紹介した「自家焙煎スペシャルティコーヒー専門店 ロクメイコーヒー」というお店でコーヒーを買ったのですが、あまりに美味しかったので、毎日飲んでたらすぐに無くなりました。

自家焙煎スペシャルティコーヒー専門店「ROKUMEI COFFEE CO.」のお試し飲み比べセットは、素人にもハッキリと違いの感じられるコーヒーだった!

2018.03.29

次はどんなコーヒーを買おうかなと思って選んでいたときにふと思ったんです。

ショウゴ
もっと美味しいコーヒーが飲みたい。

前回は既に挽いてあるコーヒーを買ったので、次は豆の状態のものを買って家で挽いて、挽きたてのコーヒーを飲んでみることに。

ただ、僕はコーヒーミルを持っていなかったので、豆を買うついでにコーヒーミルも買いました。

今回は、新しく買ったコーヒーミルを使って豆を挽いて、挽きたてのコーヒーを飲んでみたいと思います。

PORLEX MINI COFFEE GRINDER(コーヒーミル ミニ)

今回購入したのはこちらの「PORLEX MINI COFFEE GRINDER」です。

ステンレス製で非常にコンパクトな手挽きのコーヒーミル。手にすっぽり収まるサイズで非常に小さいです。

持ち手の部分が取り外し可能で、ゴム製のバンドにすっぽりと収納できるようになっています。

おしゃれだし、かさばらない。

構造もシンプルで分解もできますし、豆を挽くときの粗さも簡単に調節できるようになっています。

持ち運びにも便利なので、アウトドアで活躍してくれそうです。

そして、コーヒー豆を砕く刃の部分がセラミック製になっているのも大きな特徴のひとつ。

豆を砕く部分が金属製になっていると、金属のニオイがついたり、きちんと手入れをしないと錆びてしまうこともあるそうですが、セラミック製ならその心配はありません。

また、セラミック製の刃のものは、摩耗しにくいので長く使えるみたいですよ。

豆を挽いてみた感想

実際にコーヒー豆を挽いてみて思ったのですが、コンパクトで持ち運びに便利な半面、少し豆が挽きにくいと感じました。

というのも、持ち手の部分が取り外しやすくなっているのですが、その反面、少し根本がぐらつくんですよね。

豆を挽くときってそれなりに力を入れる必要があるので、使いづらさを感じました。

コンパクトすぎるがゆえのデメリットですね。

ただ、このコーヒーミルの一番の良さは、「コンパクトさ」だと思うので、これは仕方がないのかもしれません。

まぁ、そもそも手挽きのコーヒーミルは、そういう過程も含めて楽しむものだと思うので、個人的にはこれはこれで良いと思っていますし、満足しています。

そもそも手動で豆を挽くのがめんどくさいという方は、電動で安いコーヒーミルがたくさんあるので、そういうやつを買った方が良いのではないでしょうか。

エルサルバドル サンタ・ローザ農園 カップ・オブ・エクセレンス 2015

そして、次にコーヒー豆ですが、今回買ったのは、「自家焙煎スペシャルティコーヒー専門店 ロクメイコーヒー」の「エルサルバドル サンタ・ローザ農園 カップ・オブ・エクセレンス 2015」です。

「カップ・オブ・エクセレンス」とは、その年に収穫されたコーヒーの中から最高品質のものに送られる賞らしいです。すんごい雑に説明すると良い豆ってことですね。

袋を開けた瞬間からめっちゃ良い香りがします。

今回、豆のまま買うのは初めてでしたが、粉のものより香りが強いような気がしました。

見た目は思ったよりも明るい茶色というかキャラメルっぽい色をしていますね。

ロクメイコーヒーで豆を買うと、豆の解説書を同封してくれているのですが、その説明によると、

完熟した実だけを丁寧に収穫し丹精込めて作られたパカマラナチュラルコーヒーは、アロマとフレーバーが非常に多彩で、パイナップルのような明るく綺麗な酸味とジューシーな口当たり、マンゴーのような魅惑的な甘みが特徴となっています。

ROKUMEI COFFEE CO. Tasting comment より引用

とのこと。

実際に飲んでみないとピンと来ないので、飲んでみたいと思います。

コーヒーを飲んでみた感想

実際に飲んでみると、既に挽いた豆を買って飲んだときよりも、香りを強く感じました。

正直、コーヒー豆の説明にもあった、「明るく綺麗な酸味とジューシーな口当たり」というのはよくわかりませんでしたが、フルーツっぽい酸味があってフレッシュな感じはしました。

苦味が少なくて酸味が強い感じの豆なのかも。

でも、嫌な感じでは全くなく今回のやつも美味しかったです。

ただ、自分の味覚では、もう少し苦味が強い豆の方が好きなので、次回はもうちょっと苦味が強めのやつを買いたいですね。

まとめ

今回はコーヒーミルを買って、挽きたてのコーヒーを飲んでみました。

コーヒーミルについては、コンパクトで持ち運びがしやすい反面、少し豆が挽きにくいと感じました。

ただ、持ち運びの便利さや構造のシンプルさ、手入れのしやすさなど、総合的に考えたら、小型の手挽きのコーヒーミルを探している方であれば、間違いなく買いだと思います。

注意点としては、今回ご紹介したコーヒーミルは1度にコーヒー2杯分くらいの豆しか挽けないので、もっとたくさんの豆を挽きたい方は、「ミニ」ではなくワンサイズ大きいサイズのものを買うと良いのかなと思います。

ただ、見た感じめっちゃ長細いのでその場合は別の商品も選択肢に入ってくるのかなと。

コーヒー豆に関しては今回も安定の美味しさでした。色んなコーヒー豆を飲んでいると、自分の好みが少しずつわかってきて楽しいですね。

今回買ったコーヒーを全部飲んだら、また次も「自家焙煎スペシャルティコーヒー専門店 ロクメイコーヒー」で頼もうと思います。

コーヒーミルを使って豆を挽いて飲んだときの様子は動画にもしているので、良かったらこちらも参考にしてみてください。

「筋ジスですが何か?」のYouTubeチャンネルができました!

こんにちは、「筋ジスですが何か?」のショウゴです。大阪でWebの仕事をしながらブログを書いたりしています。

最近は写真や文章だけではお伝えすることが難しいと感じることが多くなり、YouTubeで動画投稿を始めました。

YouTubeでは、「難病でも暮らしを快適に」をコンセプトに、日々の暮らしを快適にするモノやコトをご紹介します。

興味のある方は、ぜひチャンネル登録をよろしくお願いします。

ABOUTこの記事をかいた人

gorian91

白井祥剛(しらいしょうご)1988年生まれ大阪府在住。難病でも仕事をして収入を得ながら社会にも貢献し、やりたいこともしっかりやる。そんな生き方を体現するべく日々活動しています。