マイクロフォーサーズ用標準ズームレンズ「LUMIX G VARIO 12-32mm/F3.5-5.6」が、小さくて軽くてコンパクトで持ち運びに便利!

こんにちは、ショウゴ(@gorian91)です。

少し前から動画撮影用のサブ機としてミラーレスの一眼 LUMIX DMC-GH3を使っていたのですが、もう少し広い画角で撮影したいと思い「LUMIX G VARIO 12-32mm / F3.5-5.6 ASPH. / MEGA O.I.S.」を購入しました。

このレンズの特徴なんといってもコンパクトさ。とにかく小さくて軽いので、持ち運びにとても便利だと感じています。

LUMIX G VARIO 12-32mm / F3.5-5.6 ASPH. / MEGA O.I.S.

僕が今回購入したのは、「LUMIX G VARIO 12-32mm / F3.5-5.6 ASPH. / MEGA O.I.S.」というマイクロフォーサーズ用の標準ズームレンズです。

収納時の長さ24mm、外径55.5mm、重量は70gとかなり小さいです。GH3の本体と合わせても重量はわずか375g。

メイン機として使っているPENTAX K-S2は、本体重量が678gで標準ズームレンズを付けると836gになるので、それと比較すると半分以下の重さになります。

焦点距離は12-32mmですが、マイクロフォーサーズ用なので実質24-64mm相当、F3.5の一般的な明るさのズームレンズです。

これだけ小さくて軽いと気軽に持ち歩くことができそうですね。

自宅で軽く試し撮りした写真

自宅で撮影をしてみました。

まぬけな顔をしたチワワ。いつも舌を出して寝ているので、朝起きて様子を見に行くとだいたい舌が乾いています。

この日は雲ひとつない快晴でした。

明るいレンズではないので、暗い室内よりは屋外の明るいところで撮影するのが良さそう。

まとめ

とても軽くて持ち運びしやすいので、カバンに入れておいてスマホでは物足りない時とかにも使えそうですね。

これまでは写真撮影はPENTAX K-S2で、LUMIX DMC-GH3は動画撮影をするために使っていましたが、今後は写真撮影でも使う場面が増えてきそうです。

中古で12,000円くらいでゲットしたので良い買い物でした。