KindleVoyageを購入して1ヶ月、Kindle本・漫画を100冊以上読んで感じたことアレコレ

KindleVoyage
The following two tabs change content below.
gorian91
希少難病ブロガー自身の難病から体力的な限界を感じ、時間を自由に活用できるフリーランスの道へ。2016年から法人化。難病当事者の雇われない生き方・働き方を追求しています。

f:id:gorian91:20141224214843j:plain
こんにちは、Gorian91(@gorian91)です。

電子書籍リーダー「Kindle Voyage」を購入してから1ヶ月経ちました。

気がつくと読んだKindle本・Kindle漫画は100冊以上になり、早くも電子書籍にはまりつつあります。

今後、「Kindle Voyage」を購入される方のために、実際に1ヶ月使ってみて感じたことを書いてみようと思います。

触り心地がよく紙面のような読み心地がステキ

初めて電源を入れてビックリしたことは、

 

これ電源ついてるの?

 

と思うくらい、ディスプレイを見ているという感覚がなかったことです。

スマートフォンなどのディスプレイを見ると、光が目に入って刺激を受けているような感覚があるのですが、Kindle端末はEインク仕様という実際の紙面に近い見え方になるように作られているそうで、本当に紙面を読んでる感じがします。

iPhoneでもKindleのアプリを入れたらKindle本を読めますが、Kindle端末で読むことによって、電子書籍なのに紙の本を読んでいる感覚に近くなります。

裏面の立体構造が持ちやすい!

長時間読書をしていると、端末を持っている腕が疲れてきます。

Kindle Voyage」には、こうした体の負担を軽くする工夫がされています。

これは端末の裏面の画像です。

f:id:gorian91:20141224222510j:plain

写真だと少しわかりにくいのですが、直方体ではなく、少し斜めに傾斜が出るような変わった形になっています。

端末の上部が重心になるような構造で、読むときにすごい安定して持ちやすいんですよね。

 

バッテリーが長持ち!4日は充電なしでもイケる

バッテリーも持ちが良いです。

スマホだと1日ガッツリ使えばすぐに充電がなくなりますが、「Kindle Voyage」は、1度充電すると1日3時間の利用で3日〜4日は充分持ちます。

ちょっと出かけたりするとき利用するのはもちろん、旅行などで数日利用する場合でも充電する必要はありません。

更に、バックライトを消して電力消費を抑えれば、もっと長く使えるんじゃないかな。

動きがもっさりしていて割とストレスがたまる

次にデメリットですが、イマイチだなーと思ったところは、動作がモッサリしているということ。

紙面のような雰囲気を作るEインク仕様のパネルのせいか、画面をタップしてからのレスポンスがあまり良くありません。

普段、iPhoneやiPadを使っている方は、かなり遅いと感じるかと思います。

ただ、ページをめくるだけだとそこまで気にならないと思うので、読書をするだけの端末と考えるべきでしょう。

ワンクリックで購入して読めるのでついつい散財してしまう

Kindleから本や漫画を購入して読んでいると、読んだ後に次の刊の紹介がされ、さらにワンクリックで購入できてしまうので、1冊読むとついつい続きを購入してしまいます。

Kindle漫画の無料お試し読みの1巻を購入したが最後、続きが気になって大人買いをするハメになります。

僕は全刊50〜70巻クラスの漫画を3つも大人買いするハメになりました。皆さんも気をつけてくださいw

でも、やっぱり買って良かった!

実際、Kindleがなくても電子書籍を読むことはできますが、僕は「Kindle Voyage」を買って良かったなーと思っています。

iPhoneでKindleアプリを使って読んでいても、ツイッターで通知が来たら気になって集中できなくなるし、ついでにこの記事読もう、あれしよう、これしようとなって、最終的に読書に集中できなくなるんですよね。

Kindle Voyage」だと、良くも悪くも読書専用の端末なので、余計なことをすることもないので読書に集中できます。

 

「読書をするときは、静かに集中したい!」

 

という方におすすめです。

僕が購入したのは「Kindle Voyage」で2万円以上するんですが、通常の「Kindle」であれば、1万円以下で買えるので、興味がある方は一度試してみてはいかがでしょうか。