独学でWebプログラミングを学ぶならコレだ!僕が自信を持っておすすめする最強のプログラミングスクール&動画教材まとめ

プログラムコードが表示されたパソコン
The following two tabs change content below.
gorian91
希少難病ブロガー自身の難病から体力的な限界を感じ、時間を自由に活用できるフリーランスの道へ。2016年から法人化。難病当事者の雇われない生き方・働き方を追求しています。

こんにちは、Gorian91(@gorian91)です。

ひとりで会社をやってると、「これやりたい!」「アレやりたい!」とか、サービスのアイデアはどんどんと出てくるんですが、何かを作ろうとすると、お金がかかるし自分では作れないしで、結局アイデアは実現しないまま諦めてしまったり、忘れてしまうことがあります。

でも、せっかくアイデアがあるんだから、実際に作ってみないともったいないと思い、自分のアイデアを形にできるようにするため、プログラミングの学習を始めました。

1年たつとそれなりに作れるようにはなりますが、やはり最初はどこかのスクールや教材を使って基礎を固めるべきだと思いますし、実際に僕も基礎が身につくまでの間は、スクールに通ったりしていました。

でも、プログラミングを学びたいと思っても、結局どのスクールを選んだら良いかわからないですよね。

そこで、僕がプログラミングの基礎を身に付けるために利用したスクールや教材を、まとめてみたのでご紹介しようと思います。

独学でWebプログラミングを学ぶならコレだ!

今回ご紹介するおすすめスクール&教材は、主に独学で学びたい方向けとなります。

現役エンジニアによるオンライン プログラミングスクール『CodeCamp』

CodeCamp

現役エンジニアのオンライン家庭教師「CodeCamp」


一番のおすすめは、現役エンジニアによるマンツーマンレッスンをオンラインで受講できる「CodeCamp」です。

僕は最終的に「CodeCamp」に申し込んでマスターコースを受講しました。

自分のペースで学習しながら、わからないところが出てきたら、授業を予約して解決するスタイル。

隙間時間を使って無駄なく効率的にプログラミングスキルを身につけることができます。

書類選考・面接で選考されたフリーランスの現役エンジニアが講師

講師はフリーランスの現役エンジニアがほとんどで、しかも、書類選考、面接、模擬レッスンで選考されている教え方の上手な方ばかり。

また、説明がわかりやすいだけではなく初心者の方にも理解できるような教え方をしてくれるのが嬉しいところです。

これまで私が想像していたエンジニアは気難しいイメージがあったのですが、CodeCampの講師の方は、わからないところを質問すると、ただ解説をするだけではなく、受講者本人が理解して考え、自分の力で解決できるようにサポートしてくれます。

講師の方が本気でスキルを身につけて欲しいと思わなければ、こんな教え方はしてくれませんよね。

1時間当たりの受講料が安い!

「CodeCamp」の嬉しいところは、1レッスン当たりの受講金額が安いこと。

コースによって多少異なりますが、僕が受講したHTML5/CSS3、JavaScript、PHPを学べる「マスターコース」だと、1レッスン当たり3,311円

他のスクールと比較してもかなり安いです。

唯一の難点は、自主学習がメインとなるので、モチベーションを維持するのが大変というところでしょうか。

何か作りたいサイトやサービスがある方など、目的意識を持って取り組める人なら問題ないと思います。

レッスンの内容がどんなものか気になるという方は、体験レッスン(1回40分)が無料で受講できるので、試しに一度受講してみると良いと思います。

プログラミングのオンラインスクール『CodeCamp』無料体験レッスンを受講する

参考:現役エンジニアによるオンラインプログラミングスクール「CodeCamp」を受講し始めてから1年経った結果

ホリエモンもオススメの【ACT(アクト)】プログラミング講座

ACT(アクト)

ホリエモンもオススメの【ACT(アクト)】プログラミング講座

2つ目はおすすめ教材、「ホリエモンもオススメの【ACT(アクト)】プログラミング講座」です。

コスパ抜群の動画教材!202本の短編動画集が19,800円

「【ACT(アクト)】プログラミング講座」は、Webプログラミングの基本を学べる動画教材で、5分から10分くらいの短編動画が202本まとめられています。

時間にして30時間以上。お値段は19,800円とそれなりに値は張りますが、価値に見合った教材となっています。

学べる内容は、HTML、CSS、JavaScript、jQuery、Ajax、JSON、PHP、MySQL。

一通りマスターすれば、Webサイトの作成はもちろん、動的なサイトからちょっとしたWebサービスなら作れるようになります。

最初の動画では、開発環境を整えるところから始まり、使いやすいテキストエディタを教えてくれるので、ほんとうにゼロから勉強したい初心者にオススメ。

わからない点は質問可能+返金保証付き!!

19,800円という金額だけを見て高いと判断するのはちょっと気が早いです。

この教材がすごいところは、単なる動画を見て終わりの教材ではありません。

わからないところがあれば質問でき、しかも、満足できなかったら30日間の返金してもらえるんですよ。

専門書を買うだけでも1冊3,000円くらいはするし、のに、質問可能+返金保証付きでこの価格は正直めっちゃ安いです。

それだけ自信を持って提供されているのだと思います。

実際に僕も購入して使ってみましたが、動画の質は良く解説もわかりやすいし、1つの動画は5分、長くても10分くらいなので、空いた時間にサクサク進めていくことができました。

このクオリティの教材をこんな価格で売っちゃっていいの?」と心配するレベルです。

内容に満足できなかったら、返金してもらえばいいだけなので、独学でWebプログラミングを学びたい方にかなりおすすめです。

ぶっちゃけ独学で進めれる人なら、これ以上の教材はないと思います。

『ホリエモンもオススメの【ACT(アクト)】プログラミング講座』を受講する

目的に応じて、プログラミングスクールを選ぼう!

僕がプログラミングスクールを選んだポイントとして、『通わなくて良い』『自分のペースで学べる』『値段が安い』の3点だったので、『CodeCamp』と『ホリエモンもオススメの【ACT(アクト)】プログラミング講座』を選びましたが、ニーズによっては他にもいくつか選択肢があります。

参考までに僕がプログラミングスクールを探したときに候補にあがった他のプログラミングスクールもいくつかご紹介しますね。

短期間で集中型のオンラインスクール「TechAcademy」

TechAcademy [テックアカデミー]」も短期集中型のスクールですが、「TECH::CAMP」とは異なりオンライン完結なので、どこかに通う必要がありません。

オリジナルカリキュラムに沿って学習を進めながら、質問があればチャットでメンターに質問して解決し、4週間という短期間でオリジナルサービスが開発できるレベルを目指します。

カリキュラムで学習して終わりではなく、オリジナルサービスやオリジナルアプリの開発までサポートしてもらえるのは嬉しいですね。

「就職保証付き」オンライン就職予備校Javaエンジニアコース

こちらはJavaエンジニアになりたい方限定ですが、就職保証までしてくれるオンライン就職予備校もあります。

先程紹介した「TechAcademy [テックアカデミー]」が運営しています。

カリキュラムを終了後6ヶ月で面談をしても内定が出なかった場合は、返金してもらえるという素晴らしい仕組み。

また、カリキュラムを終了しサポートを受けて内定が決まった場合も受講料が全額キャッシュバックというすごい内容。

本気でやる気のある人なら、時間の投資だけでスキルを身につけることも可能です。

「とにかくエンジニアとして就職したい!」という方はこういうサービスを使ってみるのも良いかもしれません。

内定が決まらなかった場合の返金、就職できなかったときのキャッシュバックを受けるには、特定条件を満たす必要があります。申し込みをされる場合は事前に内容をしっかり確認しましょう。

実践的な技術を短期間で身につけることができる「TECH::CAMP」

TECH::CAMP

「TECH::CAMP」は短期集中型のプログラミングスクールです。

1ヶ月もしくは2ヶ月の期間を選択して、教室もしくはオンラインでレッスンを受講し、わからないところが出てきたら、その都度、メンターと呼ばれるサポートの方に質問しながら学習を進めていくスタイルです。

通える教室があると一緒に学習する仲間ができていいなと思って受講したかったのですが、プログラミングを学び始めたとき僕は大阪在住だったんですけど、当時は大阪の説明会が開催されてなかったので諦めたんですよね。

ここ数年で人気が出てきて今では東京、大阪、福岡の拠点ができて説明会が開催されています。1人では学習を継続する自信がない人におすすめ。

対面でサポートして学びたい方におすすめの「KENスクール」

最近はオンライン学習やオンラインのスクールも多いですが、「個別指導のKENスクール」であれば、スクールに通う必要はありますが、その代わり、直接講師の方とマンツーマンの対面で学ぶことができます。

オンラインでは実現できない細やかなサポートが魅力ですね。

こちらは就職保証とまでは行きませんが、キャリアコーディネーターによる個別のカウンセリングを受けることができたり、キャリアアップのためのセミナーの受講、就職時の模擬面接までしてくれるんですよね。

スクールの運営母体がIT企業で他社とのつながりもありますし、スクール卒業生のネットワークもあることから、就職率の高さへとつながっているようです。

就職をするためにプログラミングを学びたい方には、かなりおすすめのスクールですね。

継続に自信がない方は「WebCamp」

1ヶ月でWebスキルをマスターできる「WebCamp」です。週1回の集団講義に参加して受講するスタイルと、毎日11時〜23時まで通い放題のフレックス制を選択して受講することができます。

オリジナルの学習システムWALSに、Q&A掲示版、生徒同士の交流、また生徒と講師の交流することによって、仲間と一緒に学習することができるので、モチベーションをキープした状態で学習を継続することができます。

継続して学習する自信がない方に最適なスクールです。

 

楽して身につくスキルはない!!

実際に、プログラミングを学習してみて思ったことは、「楽して身につくスキルはない」ということでした。

プログラムの仕組みは理解できたしある程度コードを読めるようにもなり、それなりに書けるようにもなりました。

でも、「今すぐに何か作れ!」と言われても、すぐには作れないと思います。

というのも、英語や日本語と一緒でプログラミングはいわば機械の言語。

文法を理解して書けるようになったくらいでは、いきなり魔法使いのようにポンポンと何でも作れるようになるわけではありません。

理解したことを繰り返し実践を続けていくことによって、引き出しを増やしていかなければ、いつまでたっても上達しないんですよね。

今の僕の状態は、いわば、言葉を少し理解してカタコトで話ができるようになったレベルです。

ある程度コードを書けるようにはなったけど、複雑なコードを読もうとすれば時間はかかるし解釈を間違えることもあります。

理解するだけでは意味がなく、自分で何かを作り続けてスキルを磨き続けていかなければ、役に立たないのだなと思いました。

ともあれ、これからプログラミングを学ぼうとしている方の参考になれば幸いです。