ブログをさくらのレンタルサーバーからエックスサーバーに変えたら表示速度が早くなって幸せになれました

エックスサーバーのトップページ
The following two tabs change content below.
gorian91
希少難病ブロガー自身の難病から体力的な限界を感じ、時間を自由に活用できるフリーランスの道へ。2016年から法人化。難病当事者の雇われない生き方・働き方を追求しています。

こんにちは、Gorian91(@gorian91)です。

さくらのレンタルサーバー(スタンダードプラン)から、エックスサーバーに移転しました。

エックスサーバーのトップページ エックスサーバー

今年に入ってから、サイトの表示速度が異様に遅くなってきたのと、WordPress(ワードプレス)の管理画面で操作をするときに、動きがモッサリすることが増えてきたので、やる気になった瞬間にエイヤッと移転させました。

今後サーバー移転をされる方の参考となるように、サーバーの移転時のことについて書いてみようと思います。

移転前と移転後で変わったこと

ブログ移転時の月間PVは19,000ほどで、常時3〜4くらいのリアルタイムアクティブユーザーがいる状態。多いときでも10〜15くらいでしょうか。

さくらのレンタルサーバーは、このくらいの数値ではエラーは全く出ていませんでした。

今回の移転作業で参考にさせていただいたブログの記事によると、リアルタイム50前後になると頻繁にエラーが出るようです。(※共用サーバーなので、相乗りしてるサイトの負荷にもよります。)

参考サイト

さくらレンタルからエックスサーバーに移転する方法(WordPress)【①移転はなぜ必要?】@Daisuke_9taroさんから)

ブログをさくらレンタルからエックスサーバーに移転したら速度向上が体感できた!移転時の注意点もご紹介  (@loveguavaさんから)

そんなわけで、移転前と移転後でこんなとこが変わりました。

  • ランニングコストが月525円(年間6,300円)増加
  • サイトの表示速度が2秒アップ
  • サーバー容量が2倍(100GB→200GB)
  • WordPressの操作画面が快適になった

ランニングコストが上がったのは痛いですが、サイトの表示速度は目に見えて早くなり、操作画面が快適になったことで作業時のストレスが減りました。

サーバー容量は普通にブログを書いているだけだと、何ギガも使わないのであんま関係なかったです。

エックスサーバーの一番の良さは、初心者に優しいところ

エックスサーバーの評判が良いと聞いてから、ブログを移転させる前に、実験として、エックスサーバーでいくつかサイトを作っていました。

エックスサーバーは性能が良くて高負荷にも耐えられると評判だったのですが、個人的にエックスサーバーを使って良いと感じたのは、操作画面のわかりやすさでした。

さくらのレンタルサーバーとエックスサーバーの操作画面を比較してみるとこんな感じ。

さくらのレンタルサーバーの操作画面

さくらのレンタルサーバーの操作画面

 

エックスサーバーの操作画面

エックスサーバーの操作画面

上手く表現できませんが、エックスサーバーの操作画面の方がすっきりしていて見やすくないですか?

あと、エックスサーバーの方が、簡単な言葉で書かれているというか、見慣れた言葉が並んでいて操作しやすいと思ったんです。

WordPress(ワードプレス)のインストールは簡単だし、ドメインの追加も簡単で複数サイト作りたいってときもすごい楽。さくらのレンタルサーバーでやったときは、ものすごい手間と時間がかかった気がするんだけど、この違いなんなん状態です。

あと、今年の4月末に「.htaccess編集」機能が使えるようになったのも大きいです。

サーバーの挙動を設定するこのファイルは、これまでFTPのソフト経由でやる必要があって、触るときはいつも面倒くさいと思っていたんですけど、エックスサーバーの管理画面上でできるようになりました。

何気にこれすごい便利。

そんなわけで、エックスサーバーはすごい初心者向きなんです。

ついでにhttps化(SSL導入)しました

サーバー移転をしたついでに、面倒くさいことは全部やっちゃおうと思って、https化(SSL導入)もついでにやっときました。

SSL化(https)

下記のブログに詳しく書かれていたので、参考にさせていただきました。

初心者でもできた!WordPressブログにSSLを導入してhttps化する方法【Xserver使用】@Junichi_Santaさん)

ブログの完全HTTPS化を完了、HTTPからHTTPSへの移行プロセスを共有 | 海外SEO情報ブログ  (@suzukikさん)

SSLは、通信データを暗号化する仕組みのことでデータの盗聴や改ざんを防ぐことができます。

大手のECサイトでは大抵どこもやってますが、個人ブログではやってる人は少ないみたいですね。今後必要になるということは、Googleの中の人も言っているので、サイトを運営してる人なら、早かれ遅かれやることにはなるはず。

月間数万くらいのブログを改ざんするような物好きはいないと思いますけど、まがりなりにも2年近くブログを書いているわけで、乗っ取られたらショックですからねw

まとめ

初めてのサーバー移転でしたが、大きな問題が起こることなく、作業が完了してホッとしています。

作業にかかった時間は待ち時間も含めて半日くらい。作業時間といっても、ほとんどがデータのダウンロード待ち、アップロード待ちだったので、実際の作業時間は1時間くらいです。

サーバー移転は、アクセスが増加してエラーが出るようになってからやる人も多いと思いますが、僕はアクセス増えてからやると失敗できないプレッシャーが大きくなって嫌なので、アクセスが増える前にやったのですが正解でした。

移転する前に比べて表示速度はアップしたし、快適に作業ができるようになって満足です。これで100万PVくらいまでは耐えれるはずなので、安心して記事を書くことができます。

さくらのレンタルサーバー(スタンダードプラン)を使っていて、なんかサイトが遅いなと感じている方がいたら、エックスサーバーに移転してみてはいかがでしょうか。

エックスサーバーにしたら、幸せになれるかもしれませんよ。